長寿を全うした毛利元就の家老兼軍師
志道広良しじ ひろよし
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1467年(応仁元年)
生誕地 安芸国高田郡志道村
志道元良
 
幼名  
元服名  
官名 大蔵少輔、上野介
近親など 弟:口羽通良
子:坂氏(名前不明)、坂元貞(志道広門)など
ゆかりの地  安芸国 志道城
略歴 ●志道氏
1467年 (1歳)
安芸国毛利一族で志道城主、志道元良の子として生まれる。

1499年 (33歳)
毛利興元が毛利家の当主に。

●家老
その後、毛利興元の家老に。

1516年 (50歳)
主君、毛利興元が死没し、嫡子の幸松丸が、2歳で毛利家を相続。

1523年 (57歳)
主君、毛利幸松丸が夭折。

毛利興元の子のふたり(毛利元就、相合元綱)による相続争いが起こると、福原広俊らとともに毛利元就を支持し、尼子氏の介入を事前に防ぐなど、元就の相続に貢献。

1524年 (58歳)
坂広秀が相合元綱を担いで謀反を起こすが、これを平定。
その後、二男の志道広門に坂氏を相続させる。(坂元貞)

その後も、元就の軍師兼家老として、主に外交などで手腕を発揮。

●隆元の教育係
その後、毛利家嫡男の毛利隆元の教育係としても貢献。

1529年 (63歳)
毛利家が大内義隆の傘下に。

1537年 (71歳)
大内家の人質となった毛利隆元に付き添い、山口へ。

1541年 (75歳)
吉田郡山城の戦

1550年 (84歳)
毛利両川体制が確立。

1555年 (89歳)
厳島の戦

1557年 (91歳)
死没。
死没 1557年(弘治元年7月1日) (享年91歳)
レクイエム