天正の楠木正成と称えられた岡城主
志賀親次しが ちかつぐ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1566年(永禄9年)
生誕地 豊後国 岡城
志賀親度
大友宗麟(義鎮)の娘
幼名 太郎
志賀親善、ドン・パウロ(洗礼名)
通称 鬼武蔵、少左衛門尉、湖左衛門尉
近親など 子:志賀勝親など
ゆかりの地  豊後国 岡城
略歴 ●大友三大氏族
1566年 (1歳)
豊後国大友家の重臣で北志賀家当主(岡城主)、志賀親度の子として生まれる。

1578年頃 (13歳)
この頃からキリシタンになりたいと思うようになり、父の目を盗み教会へ通う。

耳川の戦の敗戦により、主家の大友家が弱体化。

●武勇と受洗
武勇に優れ、母が大友宗麟(義鎮)の娘だったことから、父同様に重用されるように。

1584年 (19歳)
黒木家の居城、猫尾城攻めで貢献。

1585年 (20歳)
キリスト教徒となり、受洗名ドン・パウロを名乗る。

●楠木正成の再来
1586年 (21歳)
島津家の豊後国侵攻を受け始め、父、志賀親度をはじめ豊後南部衆のほとんどが島津家に寝返る中、岡城に篭戦しゲリラ戦を展開、天正の楠木正成と称えられるように。

1587年 (22歳)
豊臣秀吉九州攻めが始まると、大友家を裏切った父、志賀親度を自害に追い込む。

戸次川の戦

その後、所領を日田まで広げる。

その後、大友家の中で発言力が高まったことから、主君、大友義統から疎まれるように。

大友宗麟(義鎮)が死没。

主君の嫡子、大友義乗の上洛に随行、聚楽第にて豊臣秀吉に謁見した際は、岡城での武勇を称えられる。

豊臣秀吉がキリシタン禁教令を発す。

●大友家の改易
1592年 (27歳)
主君、大友義統、子の大友義乗に家督を譲る。

文禄の役大友義統に従い参陣。

碧蹄館の戦の直前、明軍に追われた小西隊からの援軍要請を受けるが、戦局を見誤り義統に撤退を進言。

戦後、敵前逃亡の罪により大友家が改易。これに伴い所領を失う。

その後、豊臣秀吉に仕える。

その後、福島正則に仕える。

その後、小早川秀秋に仕える。

その後、細川忠興に仕える。

その後の消息は不詳だが、子孫は熊本藩士に。
死没 ????年(????年)??月 (享年??歳)
レクイエム 聚楽第での謁見の際、秀吉は親次の武勇の話題に終始したという。
また、筆頭家老の田原紹忍を差し置いて淀城での茶会に招かれている。