上田長尾家へ嫁いだ謙信の姉、景勝の母
仙洞院せんとういん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1524年(大永4年)異説あり
生誕地 越後国
長尾為景
青岩院
幼名  
元服名  
綾、綾御前、仙洞院、仙桃院
官名  
幕職  
近親など 夫:長尾政景
子:長尾義景、華姫(清円院・上杉景虎の継室)、上杉景勝、桂姫
弟:上杉謙信(長尾景虎)
ゆかりの地  越後国 春日山城
 越後国 坂戸城
 越後国 御館
 陸奥国岩代 黒川城(会津若松城
 出羽国羽前 米沢城
略歴 ●守護代家
1524年 (1歳)
越後国守護代で、春日山城主、長尾為景の娘として生まれる。

1530年 (7歳)
弟、虎千代(上杉謙信(長尾景虎))誕生。

●上田長尾家
1537年頃 (17歳)
敵対してきた上田長尾家の長尾政景と結婚、坂戸城へ。
これにより、両長尾家は和睦。

1542年 (22歳)
父、為景が死去。

その後、陸奥国守護の伊達殖宗が、弱体化していた上杉氏に養子を送り込もうとしたことから天文の乱が起こる。

1550年 (30歳)
越後国守護の上杉定実が死没したことから、弟長尾景虎(上杉謙信)越後国主に。

1551年 (31歳)
夫、長尾政景、対立していた実弟の長尾景虎に降伏、これにより越後国が平定される。

1556年 (36歳)
二男、卯松(上杉景勝)を出産。

●夫の死
1564年 (44歳)
夫、長尾政景が野尻湖で溺死。

出家し仙洞院と号す。

この頃、樋口与六(直江兼続)を、卯松(上杉景勝)の側小姓に推薦。

●春日山へ
二男、喜平次(上杉景勝)が、実弟上杉輝虎(謙信)の養子となり春日山城へ。

実弟の上杉輝虎(謙信)に招かれ、春日山城へ。

1570年 (50歳)
弟、上杉輝虎が、上杉謙信と改名。

長女、華姫(清円院)が、北条家から輝虎の養子に入っていた上杉景虎と結婚。

●御館の乱
1578年 (58歳)
謙信の死に伴い御館の乱が起こると、上杉景虎に嫁いでいた娘の華姫とともに御館に籠る。

子の上杉景勝上杉景虎に勝利すると、春日山城へ戻る。

1580年 (60歳)
上杉景勝、上杉家を相続。

上杉家が、尾張国織田信長の部将で、越前国加賀国能登国越中国までも勢力下に置いていた柴田勝家の侵攻を受ける。

1581年 (61歳)
新発田重家の乱は起こり、上杉家が滅亡の危機に。

1582年 (62歳)
本能寺の変により織田信長が死去したことから、危機を脱出。

天正壬午の乱の結果、上杉家は信濃国北部4郡を領土に加える。

1583年 (63歳)
上杉家が、羽柴(豊臣)秀吉に臣従。

●会津
1598年 (78歳)
上杉家が、陸奥国岩代会津に加増の上移封となると、会津へ移る。

1600年 (80歳)
長谷堂城の戦

●米沢
関ヶ原の戦で西軍に味方したことから、上杉家は出羽国羽前米沢30万石に減封となると、米沢城へ移る。

1609年 (89歳)
死没。
死没 1609年3月20日(慶長14年2月15日) (享年89歳)
レクイエム  

1