源氏の棟梁の証
征夷大将軍せいいたいしょうぐん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
概要 平安時代頃までは、蝦夷を征するための役職として朝廷から与えられた身分。
右近衛大将も同格の将軍職ではあるが、大きく違うのは征夷大将軍は全権が委譲されたこと。

鎌倉幕府を開いた源頼朝は右近衛大将になるのを断り、武家の棟梁として政権を担うことのできる征夷大将軍職を望んだ。

その後の通例として、征夷大将軍は源氏でなければ与えられず、元々武家でない羽柴秀吉は、その代わりに関白の地位を得た。その際に豊臣姓が作られた。

源氏である徳川家康は、通例にならって征夷大将軍となり、江戸に幕府を開いた。