里見家の最盛期をもたらした
里見義弘さとみ よしひろ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1530年(享禄3年)
生誕地  
里見義堯
土岐為頼の娘
幼名 太郎
元服名 里見義舜
 
官名 左馬守、上野介、陸奥守
近親など 正室:足利義明の娘(青岳尼)、足利晴氏の娘
子:梅王丸、正木義俊、薦野頼俊など
弟:里見義頼など
ゆかりの地  上総国 佐貫城
 上総国 久留里城
略歴 ●里見家嫡男
1530年 (1歳)
安房国の豪族、里見義堯の子として生まれる。

1534年 (5歳)
父、里見義堯上総国に勢力を拡大。

●北条家との対立
1556年 (27歳)
上総国佐貫城主に。

北条攻めのため、三浦半島に侵攻。

1561年 (32歳)
長尾景虎(上杉謙信)小田原城攻めに従軍。

●家督相続
1562年頃 (33歳)
父、里見義堯から家督を譲られる。

●大敗と復活
1564年 (35歳)
第二次国府台合戦では緒戦優勢だったが、北条勢の奇襲に逢い大敗、上総国に攻め込まれ上総国のほとんどと主城の久留里城を失う。

その後、久留里城を北条家から取り戻す。

1567年 (38歳)
三船山の戦で勝利し、北条家に寝返っていた国人領主たちを、再び寝返らせることに成功。

これにより里見氏の最盛期を迎える。

1569年 (40歳)
越相同盟に反発し、武田信玄と結ぶ。

1571年 (42歳)
北条氏康が死没。

これを受けて武田信玄が北条家と結ぶとこれに反発、再び上杉謙信と結ぶ。

1574年 (45歳)
里見義堯が死没。

1578年 (49歳)
上杉謙信が死没。

病没。
死没 1578年(天正6年)5月 (享年49歳)
レクイエム 死後、弟の里見義頼と嫡男の梅王丸が家督争いを起こすが、領地を分割するように遺言したことがきっかけだった。