豊臣六大将のひとり、常陸の雄
佐竹義宣さたけ よしのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1570年(元亀元年)
生誕地 常陸国太田城
佐竹義重
伊達晴宗の娘
幼名 徳寿丸
元服名  
次郎、常陸侍従
官名 従四位上、左近衛中将、右京大夫など
近親など 弟:蘆名義広など
ゆかりの地  常陸国 太田城
 常陸国 水戸城
 常陸国 堀之内大台城
 出羽国羽後 土崎湊城
 出羽国羽後 久保田城
略歴 ●守護家
1570年 (1歳)
常陸国守護で太田城主、佐竹義重の嫡男として生まれる。

●家督相続
1586年 (17歳)
佐竹義重から家督を譲られる。

この頃、北の伊達政宗と南の北条氏直に脅かされていた。

1589年 (20歳)
窪田の戦で、実弟の蘆名義広と連合し、伊達政宗と戦う。

その後、摺上原の戦蘆名義広が敗北し、会津や黒川城(のちの会津若松城)伊達政宗に奪われる。

●秀吉の臣下
1590年 (21歳)
交友のあった石田三成の勧めで、豊臣秀吉小田原城攻めに参陣したことから、本領を安堵される。

●常陸での台頭
父、佐竹義重江戸重通を攻め下し水戸城を手中に。

1591年 (22歳)
常陸国南方の小領主33名を謀略で誅し、常陸国での主導権を得る。

●水戸
1594年 (25歳)
水戸城に居城を移す。

堀之内大台城を築き、南常陸支配の拠点に。

1596年 (27歳)
常陸国54万石の大大名に。

1600年 (31歳)
関ヶ原の戦の直前、石田三成の西軍に呼応する予定だったが、徳川家康が小山から引き返したため動けず、そのまま静観。

●出羽
1602年 (33歳)
関ヶ原の際の曖昧な態度を徳川家康から咎められ、出羽国羽後秋田18万石に転封され、土崎湊城主に。

1604年 (35歳)
出羽国羽後久保田(秋田)に久保田城を築城し、居城に。

1614年 (45歳)
大坂冬の陣に参陣。

1615年 (46歳)
大坂夏の陣に参陣。

1633年 (64歳)
死没。
死没 1633年(寛永10年) (享年64歳)
レクイエム 関ヶ原の戦で東軍が岐阜城を落とすのをみて、手のひらを返すように徳川家康に戦勝祝の使者を送るなど、その日和見が印象的であるが、石田三成福島正則ら七将に襲撃されそうになった際、旧恩から三成を救出するなど、律儀な面もある。

先立つ豊臣政権では、徳川、前田、毛利、島津、上杉と並ぶ豊臣六大将のひとりとして重用された。