信玄から我が両眼と評された真田の二男
真田昌輝さなだ まさてる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1543年(天文11年)
生誕地 信濃国 岩男
真田幸隆
恭雲院(河原隆正の娘)
幼名 徳次郎
真田信輝、真田昌輝
官名 兵部丞、兵部少輔
近親など 正妻:相木昌朝の娘
兄:真田信綱
弟:真田昌幸、真田信尹、金井高勝
子:真田信正
ゆかりの地  信濃国 岩尾城
 上野国 岩櫃城
 信濃国 上田城
略歴 ●真田家次男
1543年 (1歳)
信濃国真田本城の元城主、真田幸隆の次男として、岩尾城(異説あり)で生まれる。

1546年頃 (4歳)
父、真田幸隆甲斐国武田晴信(信玄)に降り、家臣となる。

●信玄の近習
1553年頃 (11歳)
弟、真田昌幸とともに、甲斐国武田晴信(信玄)の近習に。

1561年 (19歳)
第四次川中島の戦

父、真田幸隆岩櫃城上野国)を攻略し、居城に

●百足衆
その後、武田晴信(信玄)から素質を認められ、百足衆に加えられる。

その後、兄、真田信綱とは別家を立てることを許され、50騎の侍大将に。

1567年 (25歳)
父が隠居し、兄、真田信綱が家督を相続。

1568年 (26歳)
駿河攻めでは、兄とともに先鋒を務める。

1569年 (27歳)
小田原城攻め(武田信玄)三増峠の戦に従軍。

1572年 (30歳)
信玄の上洛戦に従軍。

三方ヶ原の戦に参陣。

●信玄の死
1573年 (31歳)
武田信玄病死。

その後は武田勝頼に従う。

●家督相続
1574年 (32歳)
父、真田幸隆が死没。

●長篠の戦
1575年 (33歳)
長篠の戦では右翼を務めるが、兄とともに戦死。
死没 1575年6月29日(天正3年5月21日) (享年33歳)
レクイエム 信玄から「我が両眼なり」と評された猛将で、武田二十四将のひとり。