賤ヶ岳の戦での深追いが命取りになった
佐久間盛政さくま もりまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1554年(天文23年)
生誕地 尾張国
佐久間盛次
柴田勝家の妹
幼名 理助
平盛政
通称 鬼玄蕃
官名 玄蕃允
近親など 叔父:柴田勝家佐久間信盛など
弟:佐久間安政、柴田勝政、佐久間勝之など
ゆかりの地  加賀国 尾山城(後の金沢城
GOOGLE MAP 近江国 玄蕃尾城
略歴 ●信長の家臣
1554年 (1歳)
尾張国御器所西城主で、織田信長の家臣、佐久間盛次の子として生まれる。

その後、父同様に織田信長の家臣に。

1580年 (27歳)
叔父の佐久間信盛の追放に伴い、自ら蟄居するが織田信長に許される。

1582年 (29歳)
●勝家の与力と加賀国
加賀一向一揆を制圧した功により、加賀国一国を拝領し尾山城(金沢城)主に。

その後も叔父の柴田勝家の与力として、北陸戦線で活躍。

本能寺の変後も柴田勝家に従い、羽柴(豊臣)秀吉と対立。


玄蕃尾城を築城。

●賤ヶ岳の戦
1583年 (30歳)
秀吉との決戦賤ヶ岳の戦で、柴田勝家の先鋒を務め中川清秀を討ち、高山右近も敗走させ、さらに進軍するが、大垣にいた羽柴(豊臣)秀吉の本隊が猛スピードで引き返してきたことから敗走、柴田勢は総崩れに。

負傷し越前国敦賀まで逃げるが捕まり、山城国槙島で斬首。
レクイエム 鬼玄蕃といわれた猛将だったが、柴田勝家の忠告を守らず深追いしたことから大敗を喫した。

勝家死後、秀吉からその猛将振りを買われ家臣に誘われるがこれを拒否した。

あくまでも頑固な猛将としての人生を貫いた。
死没 1583年7月1日(天正11年5月12日) (享年30歳)