春日局の父で光秀の家老
斎藤利三さいとう としみつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1534年(天文3年)
生誕地 美濃国
斎藤利賢
明智光秀の叔母
幼名  
 
官名 内蔵助
近親など 妹:登志(長宗我部元親の正室)
子:斎藤利宗、福(春日局・徳川家光の乳母)など
ゆかりの地 GOOGLE MAP 美濃国 曽根城
 丹波国 黒井城 
 山城国 本能寺(現在の本能寺とは違います)
略歴 ●美濃
1534年 (1歳)
美濃国白樫城主、斎藤利賢の子として生まれる。

はじめ、美濃国斎藤義龍に仕える。

1561年 (28歳)
斎藤義龍の死後、西美濃三人衆のひとり稲葉一鉄に従う。

その後、曽根城主に。

●信長の配下
1567年 (34歳)
西美濃三人衆が、美濃国に進出してきた織田信長に下ったため、それに従い織田の配下に。

1570年 (37歳)
稲葉一鉄の元を出奔。

●光秀の家老
縁を頼って、明智光秀の家老となる。

1578年
主君、明智光秀丹波国を平定すると、黒井城主に。(1万石)

●本能寺の変
1582年 (49歳)
明智光秀本能寺の変に従う。

変後は美濃国や北陸方面の抑えとして、近江国佐和山城に入る。

羽柴(豊臣)秀吉との山崎の戦では、先鋒をつとめるが敗戦。捕えられ京都の六条河原で斬首。
死没 1582年(天正10年)6月 (享年49歳)
レクイエム 本能寺の変の直前、その無謀さから明智光秀に反対したという説と、逆に、天下を取るには今しかないと、明智光秀に謀反をすすめたという説がある。

娘の福は、のちに三代将軍家光(竹千代)の乳母となり、大奥を取り仕切り、老中なみの権勢をほこることになる春日局。