肥前の熊の嫡男
龍造寺政家りゅうぞうじ まさいえ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1556年(弘治2年)
生誕地 肥前国
龍造寺隆信
 
幼名 長法師丸
龍造寺太郎四郎鎮賢、龍造寺久家、龍造寺政家
官名 民部大輔、肥前守
近親など 正室:有馬晴信の妹
弟:江上家種、後藤家信、玉鶴姫(蒲池鎮漣の正妻)
子:龍造寺高房など
ゆかりの地  肥前国 佐賀城(村中城)
略歴 ●肥前の熊の嫡男
1556年 (1歳)
肥前国村中城(佐賀城)主、龍造寺隆信の子として生まれる。

1559年 (4歳)
父、龍造寺隆信が少弐冬尚を攻め、肥前国4郡を支配。

1566年 (11歳)
龍造寺隆信、中国の毛利元就と通じる。

1570年 (15歳)
大友宗麟に佐賀城を攻められるが、軍師鍋島直茂の提言した奇襲攻撃で勝利。(今山の戦

●家督
1580年 (25歳)
龍造寺隆信から家督を相続。

敵対した筑後国柳川城主、蒲池鎮漣攻めに、大将として出陣。

●九州5ヶ国
1581年 (26歳)
謀略により、筑後国蒲池鎮漣を誅し、柳川の戦では残党を皆殺しに。
これにより龍造寺氏は九州の内、北部5ヶ国(肥前国肥後国筑前国筑後国豊前国)を制覇。

龍造寺久家に改名。

龍造寺政家に改名。

●沖田畷の戦
1584年 (29歳)
肥前国島原の沖田畷の戦の際は佐賀城で留守を守っていたが、 父、龍造寺隆信が討ち死に。

戦後は、重臣で実力者の鍋島直茂が実権を掌握。

その後、島津氏に降る。

●秀吉の九州平定
1587年 (32歳)
豊臣秀吉とは早くから誼を通じていたことから、九州攻め後、肥前国に7郡を拝領。(32万石)

●隠居
1590年 (35歳)
秀吉の命により隠居し、家督を5歳の嫡男、長法師丸(高房)に譲る。
ただし実権は鍋島直茂が継承。

1607年 (52歳)
子の龍造寺高房が病死。
(乱心により自殺未遂を起こし、その際の傷が元で死没したという説もあり)

死没。
死没 1607年11月21日(慶長12年10月2日) (享年52歳)
レクイエム 秀吉から強制的に隠居させられた理由は、病弱だったことや武将としての気質に欠けていたためである。