東軍の勝利を決定付けた重要な会議
小山会議おやまかいぎ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1600年
和暦 慶長5年7月25日
略図  
場所  下野国 小山城
写真
小山城主郭部の曲輪
概要 反抗する越後国上杉景勝の討伐に向かった徳川家康が、石田三成挙兵の報を受けて、下野国小山城外の仮陣所で諸将を集めて開いた軍議。小山評定とも言う。

この席上で家康は、ほとんどの将が大坂に妻子を残していることから、「心配な者は今すぐ立ち去ってもらっても結構である」と申し渡した。

しかし、まず秀吉子飼の部将である福島正則が、「これは豊家(豊臣家)の名を借りた三成の私戦である」として家康につくことを宣言。

ついで山内一豊が、掛川城を家康に提供すると申し入れたことから、ほとんどの大名が東軍につくことになった。

この後関ヶ原の戦に向かうことになる。
考察 山内一豊の申し入れは、実は浜松城主、堀尾忠氏の案の受け売りだったという説がある。

小山評定ともいう。