400年の名家、小山家最後の当主
小山秀綱おやま ひでつな
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1526年(享禄2年)
生誕地  
小山高朝
 
幼名  
元服名 小山小四郎氏朝
小山氏秀、小山秀綱、孝哲
官名 弾正大弼
近親など 弟:富岡秀高、結城晴朝
正妻:成田氏長の娘(北条氏政の養女)
子:小山秀広、榎本高綱、小山政種など
ゆかりの地  下野国 小山城
略歴 ●小山家
1525年 (1歳)
下野国小山城主、小山高朝の嫡男として生まれる。

●家督
1560年頃 (36歳)
父、小山高朝が隠居、家督を譲られる。

●上杉・北条
越後国長尾景虎(上杉謙信)が関東に進出してくると、これに従う。
実弟で結城家を継いでいた結城晴朝北条氏康についたことから、敵対関係に。

1561年 (37歳)
長尾景虎(上杉謙信)小田原城攻めに参陣。

1563年 (39歳)
上杉家から離反し、北条氏康に従う。

上杉輝虎(謙信)小山城を攻められ、嫡子の小山政種を人質に降伏、城を失う。

1564年 (40歳)
北条氏康小山城を攻められ退城。城を北条氏照に占領される。

1565年 (41歳)
下妻城主、多賀谷政経らが小山城を奪取、これにより父とともに小山城に復帰。

1569年 (45歳)
上杉輝虎(謙信)北条氏康が和睦し、相越同盟が締結される。

●佐竹家
1574年 (50歳)
父、小山高朝が死没。

北条家に小山城を攻め落とされ、佐竹義重を頼って落ち延びる。

この頃、子の小山政種に家督を譲る。

1577年 (44歳)
実弟、結城晴朝が宇都宮家から養子を迎え(結城朝勝)、佐竹義重とも結んだことから味方に。

1578年 (54歳)
小山城奪回戦を起こすが実現せず。

●嫡男の死
1581年 (59歳)
嫡子、小山政種が病没。これにより家長に復帰。

1582年 (58歳)
武田家を攻め滅ぼした滝川一益の取り成しにより、北条家への臣従を条件に小山城に復帰。

その後、北条氏照に従い、宇都宮攻めや皆川攻めに従軍。

●滅亡
1590年 (66歳)
豊臣秀吉小田原城攻めで、実弟結城晴朝小山城を攻め落とされ、北条家の滅亡後、改易となり小山家は滅亡。

1603年 (79歳)
死没。
死没 1603年8月3日(慶長8年6月26日) (享年81歳)
レクイエム 小山家は藤原秀郷流、太田家の一族で、11510年頃から続いた名族であったが、北条家の関東侵出とそれを良しとしない関東管領、上杉家との狭間にいたことが大きく影響し、滅亡に追い込まれた。