秀吉の天下統一の総決算
奥州仕置おうしゅうしおき
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1590年
和暦 天正18年7月〜8月
略図
場所  下野国 宇都宮城
 陸奥国磐城 白河小峰城
 陸奥国岩代 黒川城(会津若松城)
概要 ●北条家の滅亡後
豊臣秀吉は関東に覇を唱えていた北条家を滅亡に追い込み(小田原城攻め)、残すは関東から奥羽にかけての諸豪族の処理であった。

7月17日、秀吉は小田原から下野国へ向かい、7月26日に宇都宮城へ入り、ここで諸豪の処分を決めた。
宇都宮城主の宇都宮国綱は、小田原城攻めの前に秀吉に従っていたためである。

また、8月6日には、陸奥国岩代黒川(会津)42万石を与えられた蒲生氏郷浅野長政ら奥州仕置部隊が白河小峰城に入城、抵抗した葛西晴信佐沼城を平定しながら9日に黒川城(会津若松城)に入城、奥州仕置は完了となった。

諸豪の処分内容は以下の通り。

●安堵
南部信直陸奥国陸奥南部、陸奥国陸中北部)、佐竹義宣常陸国など)、最上義光出羽国羽前山形)、相馬義胤陸奥国磐城3郡)、秋田実季出羽国羽後秋田)、津軽為信陸奥国陸奥弘前)、戸沢盛安出羽国羽後角館)

●減封
伊達政宗: 惣無事令違反と小田原陣への参陣が遅れたことから、米沢など約150万石から陸奥国陸前玉造郡など73万石に減封。

●改易
大崎義隆陸奥国陸前北部の6郡)、葛西晴信陸奥国陸前北東部〜陸奥国陸中南部の7郡)、黒川晴氏陸奥国陸前黒川)、和賀忠親陸奥国陸中和賀)、田村宗顕(陸奥国磐城田村)、石川昭光(陸奥国磐城石川)、白河義親(陸奥国磐城白河)

●新領主
また、これらの改易や減封により没収となった領地は、下記の通り再配分された。
蒲生氏郷陸奥国岩代黒川(会津)42万石。のちに加増され92万石。
木村吉清:葛西家や大崎家の旧領(陸奥国陸前)30万石。