兼続を支えた直江家の才女
お船の方おせんのかた
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1557年(弘治3年)
生誕地 越後国 与板
直江景綱
山吉政久の娘
幼名
貞心尼
官名  
近親など 夫:直江信綱、直江兼続
子:直江景明、於松など
ゆかりの地  越後国 本与板城
 出羽国羽前 米沢城
略歴 ●城主の娘
1557年 (1歳)
越後国与板城(本与板城)主で長尾景虎(上杉謙信)家臣、直江景綱の子として生まれる。

●上杉家の側近
その後、上野国総社長尾家から婿(直江信綱)を迎える。

1577年 (21歳)
父、直江景綱が死没。
夫の直江信綱が家督を相続。

●夫の死と再婚
1578年 (22歳)
上杉謙信が急死。

御館の乱では、夫の直江信綱は上杉景勝に味方し勝利するが、戦後、恩賞をめぐるトラブルから春日山城にて毛利秀広に殺害される。

1581年 (25歳)
上杉景勝の側近、樋口重光(直江兼続)を婿に迎える。

その後、夫、直江兼続上杉景勝の家老に。

1583年 (27歳)
夫、直江兼続、山城守を叙任。

●秀吉への臣従
1586年 (30歳)
上杉景勝豊臣秀吉の臣下につく。

●京都
1595年 (39歳)
上杉景勝の正妻、菊姫豊臣秀吉の人質として京都へ上る際これに従い、伏見の上杉屋敷で暮らすように。

●米沢
1598年 (42歳)
上杉家が会津など131万石に移封されると、 夫、直江兼続出羽国羽前米沢30万石を与えられ、米沢城主に。
これに伴い、米沢へ移る。

●直江状
秀吉の死去後、夫、直江兼続が「直江状」を徳川家康に送り、これが関ヶ原の戦のきっかけに。

1600年 (44歳)
関ヶ原の戦後、上杉家は米沢30万石に減封。夫、直江兼続は米沢の領土を景勝に返上。

1604年 (48歳)
上杉景勝の子、上杉定勝の養育を担当。

1615年 (59歳)
嫡男、直江景明が若くして病死。

1620年 (64歳)
夫、直江兼続が江戸で病没すると、剃髪し、貞心尼と名乗り、江戸に住む。
跡取りを定めておらず直江家は断絶となるが、3000石の化粧料を与えられる。

1623年 (67歳)
上杉景勝が死没、養育してきた上杉定勝が家督を相続。

1637年 (81歳)
死没。
死没 1637年1月29日(寛永元年1月4日) (享年81歳)
レクイエム 才女としての誉れ高く、源頼朝の妻で、尼将軍と呼ばれた北条政子にも喩えられた。

兼続死後、直江版文選を再版した。