二階崩れの変で生涯を終えた宗麟の父
大友義鑑おおとも よしあき
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1502年(文亀2年)
生誕地 豊後国 大友氏館
大友義長
 
幼名 塩法師丸
次郎、五郎、大友親安、大友親敦、大友義鑑
官名 正四位上、修理大夫
幕職 豊後国肥後国筑後国守護
近親など 正妻:大内義興の娘
側室:阿蘇惟憲の娘
子:大友宗麟大内義長(大友晴英)、塩市丸など
弟:菊池義武
ゆかりの地 GOOGLE MAP 豊後国 大友氏館
略歴
●太守の子
1502年 1歳 豊後国肥後国筑後国守護、大友義長の子として生まれる
1515年 14歳 父、大友義長が隠居、家督を相続
1518年 17歳 父、大友義長が死没
家臣の朽網親満が反乱を起こすが鎮圧
●肥後へ
その後、肥後国での勢力拡大を図り、弟の大友重治(菊池義武)を肥後国の有力者である菊池家の養子に送り込む
1520年 19歳 弟の大友重治(菊池義武)が、名家の菊池家を相続
●弟の反乱
1534年 33歳 弟の菊池義武が、周防国の太守大内義隆人吉城の相良家と組んで敵対
大内義隆の重臣、陶興房に豊後国を攻められるが勝利。(勢場ヶ原の戦)
1538年 37歳 将軍足利義晴の仲介により大内義隆と和睦
●二階崩れ
1550年 49歳 嫡男だが粗暴で人望も薄い大友義鎮(宗麟)に不安を感じ、側室の子塩市丸を跡継ぎに推したことからお家騒動が勃発、義鎮(宗麟)派の家臣に討たれる。(二階崩れの変
死没 1550年2月28日(天文19年2月12日) (享年49歳)
レクイエム