実弟説もある大谷刑部の嫡子
大谷吉治おおたに よしはる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1581年(天正9年)
生誕地  
大谷吉継(吉継の弟でその後養子となった説あり)
 
大谷義治、大谷吉勝、大谷吉胤、大谷吉久
官名 大学助
近親など 弟:木下頼継(吉継の甥または養子説あり)、大谷泰重(吉継の養子説あり)
妹:竹林院(吉継の妹または姪説あり・真田幸村の正室)、
ゆかりの地  越前国 敦賀城
略歴
●大谷家
1581年 1歳 長浜城主、羽柴(豊臣)秀吉の家臣、大谷吉継の嫡男として生まれる。(実弟説あり)
その後、父とともに羽柴(豊臣)秀吉に仕える
●敦賀
1589年 9歳 父、大谷吉継越前国敦賀5万7千石を拝領、敦賀城主に
1597年 17歳 病気の父、大谷吉継の見舞いに訪れた豊臣秀吉の接待役を務める
1598年 18歳 豊臣秀吉死没
●関ヶ原
1600年 20歳 関ヶ原の戦では父とともに西軍につくが、小早川秀秋脇坂安治らの裏切りによる横槍をまともに受けて父、大谷吉継が自刃、自らは敦賀へ落ち延びる
その後は各地を流浪
●大坂の陣
1614年 34歳 大坂冬の陣では大坂城に入城、兵100名の指揮官に
1615年 35歳 大坂夏の陣では、道明寺の戦、天王寺の戦などで奮戦するが松平忠直隊との戦闘で討ち死に
レクイエム  
死没 1615年6月3日(慶長20年5月7日) (享年35歳)