北条家に仕えた太田道灌の曾孫
太田康資おおた やすすけ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1531年(享禄4年)
生誕地  
太田資高
浄心院(北条氏綱の娘)
康資
官名  
近親など 兄:太田景資
弟:太田輝資
子:太田駒千代、太田重正など
ゆかりの地  武蔵国 江戸城
 上総国 大多喜城
略歴
●太田家
1531年 1歳 扇谷上杉家から北条家に鞍替えし、江戸城代となっていた太田資高の子として生まれる
●家督相続
1547年 17歳 父、太田資高が死没し、家督を相続
江戸城代として三の丸を預かる
●離反の発覚
1560年 30歳 同族で岩付城主の太田資正が、北条家から離反し長尾景虎(上杉政虎・謙信)に鞍替え
1562年 32歳 これまでの働きに対する恩給への不満から、同族の太田資正を通じ上杉輝虎(謙信)への寝返りを図るが失敗し、岩付城へ逃れる
1563年 33歳 北条氏康岩付城へ進攻
上杉輝虎(謙信)の命により上総国里見義弘らが派遣される
1564年 34歳 第二次国府台合戦で連合軍は北条氏康に敗北し、安房国里見義堯の元へ逃れる
●安房
1581年 51歳 前年に起こった里見家の内紛(正木憲時の乱)に巻き込まれ、大多喜城にて自害
死没 1581年11月8日(天正9年10月12日) (享年51歳)
レクイエム 江戸城を築城した太田道灌の直系の曾孫。