秀忠の将軍就任に尽力した
大久保忠隣おおくぼ ただちか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1553年(天文22年)
生誕地 三河国
大久保忠世
近藤幸正の娘
千丸(幼名)、新十郎、忠隣
官名 従五位下、治部大輔、相模守
近親など 弟:大久保忠基、大久保忠成、大久保忠高、大久保忠永
正室:石川家成の娘
子:大久保忠常、石川忠総、大久保教隆、大久保幸信、石川成堯、大久保忠尚、大久保忠村、大久保貞義 など
ゆかりの地  武蔵国 羽生城
 相模国 小田原城
略歴
●三河
1553年 1歳 松平元康(徳川家康)家臣、大久保忠世の子として生まれる
●家康への随身
1563年 11歳 父同様、松平元康(徳川家康)に仕える
1570年 18歳 姉川の戦に参陣
1572年 20歳 武田信玄との三方ヶ原の戦に参陣
●羽生城主
1590年 38歳 小田原城攻め後、武蔵国羽生城主となり、2万石を拝領
その際父の大久保忠世は小田原城主となり、4万5千石を拝領
●秀忠家老
1593年 41歳 徳川秀忠の付け家老に
1594年 42歳 父、大久保忠世の死没にともない、相模国小田原城主となり、6万5千石を拝領
1600年 48歳 関ヶ原の戦では、徳川秀忠に従軍
1605年 53歳 徳川秀忠の将軍就任に尽力
1613年 61歳 大久保長安事件に関係したとの嫌疑をかけられる
●失脚
1614年 62歳 徳川家康に弁明するが許されず改易となり、近江国へ配流。その際、小田原城は本丸を残して破却される
剃髪し渓庵道白と号す
1628年 76歳 死没
死没 1628年7月28日(寛永5年6月27日) (享年76歳)
レクイエム 実際には大久保長安事件には関わっていなかったようで、嫌疑については競合の奉行、本多正信の謀略によるものという説が有力。