人取橋で壮絶な最期を遂げた伊達の勇将
鬼庭左月斎おににわ さげつさい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1513年(永正10年)
生誕地 陸奥国岩代 
鬼庭元実
 
幼名  
元服名 鬼庭良直
鬼庭良直、鬼庭左月斎
官名 周防守
近親など 正妻:本沢真直のの娘
子:片倉喜多(伊達政宗の乳母)、鬼庭綱元
ゆかりの地  陸奥国岩代 小屋館城(場所は推定)
 出羽国羽前 川井城
略歴 ●伊達家の譜代家臣
1513年 (1歳)
伊達氏の譜代家臣で陸奥国岩代伊達郡茂庭の小屋館城主、鬼庭元実の子として生まれる。

その後、父同様、伊達氏に仕える。

●家督
1539年 (27歳)
父、鬼庭元実が隠居、家督を相続。

1542年 (30歳)
天文の乱では伊達晴宗に従い貢献。

●羽前へ
1549年 (37歳)
出羽国羽前川井城主に。(2千石)

●評定役
1564年 (52歳)
主君、伊達晴宗が隠居、伊達輝宗が伊達家当主に。

抜擢され、伊達家の評定役となり、重臣に。

1573年 (61歳)
伊達一族の家格を与えられる。

●隠居
1575年 (63歳)
隠居し左月斎と名乗り、子の鬼庭綱元に家督を譲る。

1577年 (65歳)
輝宗の弟、伊達政重(国分盛重)の国分氏入嗣の際は、折衝役を務める。

1584年 (72歳)
主君、伊達輝宗の隠居により、伊達政宗が伊達氏当主に。

●人取橋の戦
1585年 (63歳)
粟之巣の変により、伊達輝宗が死没。

人取橋の戦に従軍し、伊達政宗から金色の采配を与えられ指揮するが、佐竹勢に攻められ苦戦、政宗を逃がすため戦場に留まり奮戦、最期は岩城常隆の家臣、窪田十郎に討ち取られる。
死没 1586年1月6日(天正13年11月17日) (享年73歳)
レクイエム