長篠城を守り通して信の字を拝領した
奥平信昌おくだいら のぶまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1555年(弘治元年)
生誕地 三河国 作手
奥平貞能
牧野成種の娘
幼名 九八郎
奥平貞昌、奥平信昌
官名 従五位下、美作守
近親など 正妻:亀姫(徳川家康の娘)
子:奥平家昌、松平家治、奥平忠政、松平忠明など
ゆかりの地  三河国 作手城
 三河国 長篠城
 三河国 新城城
 上野国 小幡陣屋(のちの小幡城)
 美濃国 加納城
略歴 ●今川家への臣従
1555年 (1歳)
奥三河の作手城主、奥平貞能の子として生まれる。

●松平(徳川)家への臣従
1560年 (6歳)
桶狭間の戦で臣従してきた今川義元が死没したことから、奥平家は松平元康(徳川家康)に臣従。

●武田家への臣従
1571年 (17歳)
武田信玄の三河侵攻により、父、奥平貞能とともに徳川家康から離反し武田家に臣従。

1572年 (18歳)
三方ヶ原の戦にも奥平家は武田信玄に従い参陣。

●徳川家への臣従と家督相続
1573年 (19歳)
武田信玄の死を確信した、父、奥平貞昌とともに武田家から徳川家に再び寝返り、長篠城主に。

父、奥平貞昌が隠居し、家督を相続。

●長篠の戦
1575年 (21歳)
長篠の戦の直前、長篠城武田勝頼の1万5千に攻められるが守りきる。

戦後織田信長の賞賛を受け、信の字を拝領し信昌と名乗る。

新城城を築城し、居城に。

1576年 (22歳)
徳川家康の長女、亀姫と結婚。

1584年 (30歳)
小牧・長久手の戦で貢献。

1588年 (34歳)
従五位下、美作守に叙任。

●上野国
1590年 (36歳)
小田原城攻め後、関東に移封となった徳川家康に従い、上野国小幡へ移封(3万石)。

1600年 (46歳)
関ヶ原の戦に参陣。

戦後は、京都の治安確保や西軍の首謀者安国寺恵瓊を逮捕するなど貢献。

●美濃国
1601年 (47歳)
美濃国加納10万石に移封。
従来の上野国小幡には、長男の奥平家昌が残る。

岐阜城を破却し、加納城を築城し居城に。

1602年 (48歳)
隠居し、三男の奥平忠政に家督を譲るが、忠政が病弱なため実権は握ったままだった。

●相次ぐ子の死
1614年 (60歳)
三男で当主の奥平忠政が病死。孫の奥平忠隆が家督を相続。

下野国宇都宮藩主で、長男の奥平家昌が病死。孫の奥平忠昌が家督を相続。

1615年 (61歳)
死没。
死没 1615年(慶長20年)3月 (享年61歳)
レクイエム 山家三方衆のひとりとして、武田家と徳川家の勢力争いに巻き込まれた前半生だったが、家康の長女との結婚を機に、家運は大きく好転した。