狭い畦道に誘い込んだ島津・有馬連合軍の勝利
沖田畷の戦おきたなわてのたたかい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1584年
和暦 天正12年3月
略図
場所  肥前国 日野江城
GOOGLE MAP 肥前国 沖田畷の戦場 
概要 ●島原半島
肥前の熊と恐れられた肥前国佐賀城主、龍造寺隆信は、九州北部5ヶ国(肥前国肥後国筑前国筑後国豊前国)の大部分を制覇し、肥前国島原の攻略にとりかかった。

これに対し島原領主の有馬晴信は、肥後国を制した薩摩国の島津家に救援を求める。

龍造寺隆信は、子の龍造寺政家に有馬攻めを命じるものの、有馬家は妻の実家であったこともありはかどらず、結局は龍造寺隆信自信が3万の大軍を率いて有馬家の居城、日野江城攻めに向かった。

これを受け島津家は、有馬晴信への援軍として島津家久5千を島原へ向かわせた。

●戦場は湿地帯
龍造寺3万に対して、有馬・島津の連合軍は8千と、歴然とした兵力差であったが、これを打開するために連合軍は戦場を沖田畷とすべく展開した。
沖田畷は周囲を沼を湿地に囲まれ、細い畦道(畷)が1本通っているだけの立地で、大軍を展開して戦うことが難しかったためである。

兵力に劣る連合軍であるから、当然有馬家の居城、日野江城に籠っていると考えていた龍造寺隆信は、有明海から島原湾に沿って島原半島を南下しようとしていたところ、半島の北部、沖田畷でいきなり敵勢に遭遇、戦闘が開始された。

数に物を言わせ攻めかかる龍造寺勢に対し、後退を始める連合軍。
これを追って龍造寺勢は、沖田畷の細い畦道に入る。

●島津の伏兵
龍造寺勢が畦道を深く入ってくる頃合を見計らっていた島津家久は、伏せておいた兵による一斉射撃を敢行。
いきなりの銃撃に動揺した龍造寺勢の先鋒だったが、狭い道をあとから進んできていた味方が邪魔し退却も困難を極め、大混乱に陥った。

この不利な状況を打開すべく、前線に打って出ようとした龍造寺隆信だったが、島津兵の銃弾が命中しあえなく落命。
2万の大軍は総大将を失って動揺し、村中城(佐賀城)への退却を余儀なくなれた。

龍造寺隆信の死で、九州における勢力図は、島津中心に書き換えられてゆくことになった。