戦国に弄ばれた絶世の美女
お市の方おいちのかた
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1547年(天文16年)
生誕地 尾張国
織田信秀
土田御前
近親など 夫:浅井長政、のちに柴田勝家
子:万福丸、茶々(淀殿)初(常高院)江(於江与の方)
兄:織田信長など
姉:お犬の方
お市、市姫、小谷の方、小谷殿、於市の方
ゆかりの地  近江国 小谷城
 尾張国 清洲城
 越前国 北ノ庄城
略歴
●信長の妹
1547年 1歳 尾張国那古野の領主、織田信秀の五女、織田信長の妹として生まれる
●浅井長政との結婚
1567年 21歳 織田信長美濃国を攻略
近江浅井長政に嫁ぎ、小谷の方と呼ばれる(上洛を目指す兄織田信長が、背後の敵になりうる浅井家と結ぶための政略結婚)
浅井家と関係の深い越前国の朝倉家と織田家が敵対関係にあったことから、長政の父浅井久政から疎まれる
1568年 22歳 織田信長が上洛を果たし、畿内を支配下に
    ●夫の裏切り
1570年 24歳 織田信長が、上洛命令に従わない越前国朝倉義景攻めに向かうが、夫浅井長政が信長を裏切り背後をつく
信長が京都へ退却。(金ヶ崎の退き口
姉川の戦で、夫浅井長政が敗北
●浅井家滅亡
1573年 27歳 織田信長小谷城を攻められ(小谷城の戦)、義父浅井久政浅井長政が自害
その際、3人の娘、茶々(淀殿)初(常高院)江(於江与の方)とともに羽柴(豊臣)秀吉によって救出される
長男の万福丸は捕らえられ磔に、次男の万寿丸は出家
その後、三人の娘とともに尾張国清洲城で過ごす
1582年 36歳 兄、織田信長が、明智光秀の謀反(本能寺の変)により自害
●柴田勝家との結婚
織田家筆頭家老柴田勝家に再嫁し、越前国北ノ庄城
1583年 37歳 柴田勝家賤ヶ岳の戦羽柴(豊臣)秀吉に敗戦、北ノ庄城を攻められ夫とともに自害
3人の娘は羽柴(豊臣)秀吉が救出
死没 1583年6月14日(天正11年4月24日) (享年37歳)
レクイエム 辞世は「さらぬだに打ぬる程も夏の夜の夢路をさそう郭公(ほとときず)かな」

政略による結婚ではあったが、5人の子を持つなど、浅井長政との夫婦仲は円満であった。

長政が信長を裏切ると、小豆入りの袋の両端をしばったものを陣中見舞いと称して信長に送り、暗に長政の裏切りを伝えたという逸話があるが、真偽については不明。

羽柴(豊臣)秀吉は若い頃から市に憧れていたと言われるが、自分が勝家を攻めたため市を自害に追い込んでしまったのは、いかにも皮肉である。