信玄に滅ぼされた信濃守護
小笠原長時おがさわら ながとき
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1514年11月9日(永正11年10月23日)
生誕地 信濃国
小笠原長棟
浦野弾正忠の娘
豊松丸(幼名)、又二郎、右馬助、湖雪斎
官名 従五位上、信濃守、大膳大夫
近親など 弟:小笠原信定、小笠原清鑑、小笠原洞雪斎、小笠原統虎
正室:仁科盛明の娘
子:小笠原長隆、小笠原貞次、小笠原貞慶など
ゆかりの地  信濃国 林城
略歴
●守護家
1514年 1歳 信濃国守護で林城主、小笠原長棟の嫡男として生まれる
1526年 13歳 元服
●家督
1541年 28歳 父の隠居にともない家督を相続
●武田の脅威
1542年 29歳 この頃から、武田晴信(信玄)信濃国侵攻が始まる
1545年 32歳 妹婿で福与城主の藤沢頼親が武田軍に攻められ、その援軍に赴くが敗北。これにより、諏訪郡は武田家の支配下に
支城の北熊井城が、武田晴信(信玄)により攻略される
●塩尻峠の戦
1548年 35歳 上田原の戦で武田軍が村上義清に敗退したことを受け、諏訪へ進攻するが、塩尻峠の戦で敗退
1550年 37歳 居城の林城を武田勢に攻め落とされ、小県の村上義清の元へ逃れる。(事実上の滅亡)
●越後へ
武田晴信(信玄)の猛攻を受け、村上義清とともに越後国長尾景虎(上杉謙信)の元に逃れ、謙信の家臣となる
これが元で、第一次川中島の戦が勃発
●都へ
その後、同族の三好長慶のいる京都へ行き、将軍足利義輝の騎馬指南役に
1564年 51歳 三好長慶死没
1565年 52歳 将軍足利義輝が暗殺される。(永禄の変
●再び越後へ
1568年 55歳 織田信長が上洛し、三好勢が畿内から追われたため、再び越後国上杉輝虎(謙信)を頼る
1578年 65歳 上杉謙信死没
その後は各地を流浪
1583年 70歳 会津にて死没
死没 1583年4月17日(天正11年2月25日) (享年70歳)
レクイエム