常陸筑波の名家、最後の当主
小田氏治おだ うじはる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1534年(天文3年)
生誕地  
小田政治
 
幼名  
元服名 小田氏治
通称  
天庵(出家名)
官名  
近親など 子:小田友治、小田守治、娘(結城秀康の側室)など
ゆかりの地  常陸国 小田城
 常陸国 土浦城
 常陸国 藤沢城
略歴 1534年 (1歳)
常陸国筑波の名家で小田城主の小田政治の子として生まれる。

その後、常陸国南部へ進出してきた佐竹家と対立。

●家督相続
1548年 (15歳)
父、小田政治が死没し、家督を相続。

1555年 (22歳)
越後国長尾景虎(上杉謙信)に臣従。

結城政勝の結城城を攻めるが敗戦。

1556年 (23歳)
北条氏康と結んでいた結城政勝に攻められ、居城の小田城を奪われ、家臣、菅谷勝貞の居城、土浦城に移る。(山王堂の戦)

1557年 (24歳)
小田城を取り戻す。

家臣、平塚家の居城、海老島城を佐竹義昭に攻められ失う。

●北条家
1562年 (29歳)
北条氏康と和睦し、子の小田友治を人質として小田原に送る。
これにより上杉輝虎(謙信)と敵対関係に。

1564年 (31歳)
越山してきた上杉輝虎(謙信)小田城を攻め落とされる。

1565年 (32歳)
小田城を取り戻す。

1566年 (33歳)
再び上杉輝虎(謙信)小田城を攻め落とされ、再び土浦城に入る。

1569年 (36歳)
手這坂の戦で、佐竹義重を後ろ盾としていた太田資正、梶原(太田)政景父子に敗北、小田城から追われ。三たび土浦城に入る。

●降伏
1583年 (50歳)
佐竹義重に降伏。

その後、藤沢城に移る。

●滅亡
1590年 (57歳)
豊臣秀吉小田原城攻めの際、小田城奪回を図るが果たせず。

戦後、秀吉軍に参陣しなかったことから所領を失い、小田家は滅亡。

その後、娘の縁から結城秀康を頼る。

1600年 (67歳)
結城秀康の転封に伴い、越前国浅羽へ。

1602年 (69歳)
死没。
死没 1602年1月6日(慶長6年閏11月13日) (享年69歳)
レクイエム