本能寺の変で父とともに逝った
織田信忠おだ のぶただ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1557年(弘治3年)
生誕地  
織田信長
生駒吉乃(側室・生駒八右衛門の娘)
幼名 奇妙丸
織田勘九郎信重、織田信忠
官名 出羽介、秋田城介、左近衛権中将
近親など 子:織田秀信、織田秀則
弟:織田信雄織田信孝など
妹:徳姫(五徳)など
婚約者:信松尼武田信玄の五女)
ゆかりの地  美濃国 岐阜城
 山城国 旧二条城
略歴 ●信長の嫡男
1557年 (1歳)
織田信長の嫡男として生まれる。
奇妙な顔立ちから、信長に奇妙丸と名づけられる。

1566年 (10歳)
母、生駒吉乃が病没。

●婚約
1567年 (11歳)
武田信玄の娘、松姫(信松尼)と婚約。

●婚約破綻
1572年 (16歳)
武田信玄上洛戦を開始。父織田信長が信玄に敵対したことから、松姫(信松尼)との婚約が破綻。

1573年 (17歳)
小谷城の戦に参陣。

1574年 (18歳)
第三次伊勢長島攻めに参陣し勝利。

1575年 (19歳)
長篠の戦に参陣し武田勝頼勢に大勝。

●家督
織田信長から家督を譲られる。
尾張国美濃国を任され岐阜城主に。

美濃国岩村城秋山信友を攻め降す。

1577年 (21歳)
謀反を起こした松永久秀信貴山城に攻め自害させる。(信貴山城の戦

1578年 (22歳)
播磨国上月城をめぐる毛利勢との攻防に、総大将として出陣。
その際、中国方面の司令官だった羽柴秀吉(豊臣秀吉)も、一時指揮下に置く。(上月城の戦)

●尾張
1580年 (24歳)
織田信長により、重臣佐久間信盛が追放される。

織田信長により、筆頭家老林通勝が追放される。

●武田攻めの総大将
1582年 (26歳)
甲斐国の武田攻めでは滝川一益の補佐の元、先鋒として出陣。武田勝頼を自害に追い込む。(天目山の戦

恵林寺寺内に匿っていた六角義治らの引渡しを拒否した快川紹喜らを焼き討ちに。

元婚約者の松姫(信松尼)を迎えるため、使者を派遣。

●本能寺の変
明智光秀の謀反(本能寺の変)の際、駆けつけた村井貞勝らとともに宿所の妙覚寺から二条御所(旧二条城)に移り抵抗するが、明智勢に攻められて自害。
死没 1582年6月21日(天正10年6月2日) (享年26歳)
レクイエム 嫡男として父織田信長と行動を共にすることが多かっただけに、若くして死ぬことと成った。

幼名の奇妙丸は、信長が我が子を見た印象が奇妙な顔立ちだったためつけられたものであるが、それにしても可哀相過ぎる理由と名前である・・・