伊勢長野家を継いだ信長の弟
織田信包おだ のぶかね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像   
誕生 1543年(天文12年)
生誕地 尾張国
織田信秀
土田御前
幼名 三十郎
長野信良、織田信包
通称 津侍従など
官名 上野介、侍従、上野守、左近衛中将など
近親など 兄:織田信長織田信行など
妹:お市の方など
子:織田信重、織田信則など
ゆかりの地  伊勢国 長野城
 伊勢国 伊勢上野城
 伊勢国 津城
略歴 1543年
尾張国織田信秀の子として生まれる。

●長野家相続
1568年 (26歳)
織田信長の北伊勢攻略に伴い、有力豪族の長野藤定の娘と結婚し長野家を継ぎ、長野城主に。

長野信良と名乗る。

その際、長野家当主であった長野具藤は、実家である南伊勢の北畠家へ戻る。

1569年 (27歳)
北畠具教の大河内城攻めに参陣。

●伊勢上野城主
1570年 (28歳)
伊勢上野城を築城し居城に。長野城を廃す。

1573年 (31歳)
小谷城の戦に参陣。
その際、お市の方と3人の娘を受け取る。

1577年 (35歳)
信長嫡男、織田信忠に従い雑賀攻めに参陣。

1578年 (36歳)
信長嫡男、織田信忠に従い、荒木村重攻めに参陣。

●津城主
1580年 (37歳)
伊勢国津城を居城とし、大改修。

1581年 (39歳)
信長二男、織田信雄に従い、伊賀国攻めに参陣。(第二次天正伊賀の乱

1582年 (40歳)
本能寺の変の際は、伊勢国に留まる。

母、土田御前を津城に迎える。

●秀吉に接近
以降は羽柴(豊臣)秀吉に従い、甥の織田信孝柴田勝家滝川一益らと対立。

1583年 (41歳)
滝川一益の峰城を攻め落とす。

賤ヶ岳の戦
戦後は羽柴(豊臣)秀吉より伊勢国5郡を加増される。

1585年 (43歳)
越中国佐々成政攻めに参陣。

1590年 (48歳)
小田原城攻めに参陣。

●改易と復帰
1594年 (52歳)
改易され領地を没収され、剃髪し老犬斎と号す。

その後許され、近江国2万石を拝領し、豊臣秀吉の御咄衆に。

1598年 (56歳)
丹波国柏原3万6千石に加増の上、移封される。
(柏原藩、初代藩主)

1600年 (58歳)
関ヶ原の戦では西軍につく。
敗戦後も所領は安堵され、大坂城で豊臣秀頼に仕える。

1614年 (72歳)
死没。
死没 1614年8月22日(慶長19年7月17日) (享年72歳)
レクイエム 信長の弟として転戦後秀吉につくが、1594年に突然伊勢の領地を没収されている。検地の際に不正をしたことが発覚したという説があるが、不詳。

丹波国柏原藩の初代藩主となった。