信長の嫡孫、三法師
織田秀信おだ ひでのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1580年(天正8年)
生誕地 尾張国 清洲
父:織田信忠
徳寿院(塩川長満の娘)
幼名 三法師
織田三郎秀信、羽柴秀信、岐阜中納言、ペトロ(受洗名)
官名 従四位下・侍従、左近衛少将、参議、従三位・権中納言、正三位
近親など 正妻:和田孫太郎の娘
弟:織田秀則
子:織田秀朝、織田恒直など
養子:八幡山秀綱(六角義秀の子)
ゆかりの地  美濃国 岐阜城
 尾張国 清洲城
 近江国 坂本城
略歴 ●信長の嫡孫
1580年 (1歳)
織田信長から家督jを相続した織田信忠の嫡男として生まれる。

●父の死と家督
1582年 (3歳)
明智光秀の謀反(本能寺の変)により、祖父織田信長と父織田信長が自害。
その際岐阜城にいたが、前田玄以の保護により清洲城へ避難。

清洲会議において、羽柴(豊臣)秀吉の斡旋により織田家の家督を相続。
近江国坂田郡に3万石を得、直轄領とし、安土城を再建し入城することが決定。
叔父で美濃国岐阜城主となった神戸(織田)信孝が後見人に。

神戸(織田)信孝により、その後も清洲城に在城。

神戸(織田)信孝羽柴(豊臣)秀吉に不満を持ち始め、秀吉と敵対する柴田勝家滝川一益と結び挙兵するが、冬季だったため柴田勝家の援軍が望めず、秀吉に攻められ降伏。

●安土
これにより、後見人はもうひとりの叔父織田信雄に替わり、安土の仮屋敷に移る。

1583年 (4歳)
賤ヶ岳の戦

●坂本
1584年 (5歳)
小牧・長久手の戦

近江国大溝城主の丹羽長秀に引き取られ、坂本城に入城。

1588年 (9歳)
岐阜にて元服。

後陽成天皇の聚楽第行幸に参列。

1590年 (11歳)
小田原城攻めに6番隊の大将として参陣。

●岐阜
1592年 (13歳)
美濃国岐阜城主に。(13万石)

1595年 (16歳)
キリスト教に入信。受洗名ペトロを拝領。

●改易
1600年 (21歳)
関ヶ原の戦の際は西軍に与し、岐阜城に籠るが東軍に攻められ降伏、開城。

改易となり出家し、高野山へ入る。

祖父織田信長が以前高野山を攻めたことがあり、入山後は高野山から迫害を受ける。

1605年 (25歳)
高野山から追放に。

紀伊国向副村の善福寺に入るが、当地で死没。
死没 1605年6月24日(寛永7年5月8日) (享年25歳)
レクイエム