参陣数36度、武田の先鋒、鬼虎
小畠虎盛おばた とらもり
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1491年(文明13年)
生誕地 遠江国
小畠日浄(盛次)
 
孫十郎(幼名)、虎盛、日意
通称 鬼虎
官名 織部、山城守
近親など 弟:小畠惣七郎、小畠弥惣右衛門、小畠貞長(光盛)
子:小畠昌盛(小幡)
ゆかりの地  信濃国 海津城(松代城)
略歴
    ●遠江
1491年 1歳 遠江国勝間田の武士(?)、小畠盛次(日浄)の子として生まれる
●甲斐
1500年 10歳 父に従い、甲斐国へ移り武田信虎に仕える
1504年 14歳 家督を相続
その後、足軽大将に
1521年 31歳 今川家の福島正成の甲斐国侵攻に対し、原虎胤とともに先鋒を務め迎撃、山県淡路守を討ち取るなど活躍(飯田河原の戦・上条河原の戦)
    ●鬼虎
その後、武田信虎から偏諱を受け、虎盛と名乗る
その後、武勇を称えられ鬼虎との異名を受ける
1541年 51歳 武田信虎、子の武田晴信(信玄)から追放される
そのまま武田晴信(信玄)に仕える
1551年 61歳 武田晴信(信玄)が入道し信玄を名乗ると、それに従い入道し、日意と号す
1560年頃 70歳 海津城(松代城)の二の丸に入り、越後国の上杉家に備える
1561年 71歳 病没
死没 1561年7月14日(永禄4年6月2日) (享年71歳)
レクイエム 「よくみのほどをしれ」を遺言した。武田二十四将のひとり。

生涯に36度合戦に出て、41ヶ所に戦傷を持っていたといわれる。

孫の小幡景憲は、「甲陽軍鑑」成立に貢献する。