信長、四面楚歌への入り口
野田・福島の戦(元亀元年)
のだ・ふくしまのたたかい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1570年
和暦 元亀元年8月26日〜9月23日
略図
関連する場所  摂津国 野田城
 摂津国 福島城(場所は推定)
 摂津国 石山本願寺(現大阪城)
概要 ●信長への反抗
織田信長は1568年に上洛を果たし、畿内の三好勢を蹴散らし、足利義昭を15代征夷大将軍に就かせたものの、その後の情勢は楽観視できなかった。
足利義昭が、自分は信長の傀儡将軍であることに気づき、密かに反信長の旗頭になりつつあったためである。

義昭は、1570年6月の姉川の戦で信長に敗北した近江国浅井長政越前国朝倉義景、さらには本国の阿波国へ後退していた三好勢らに信長打倒を呼びかけた。
信長に本願寺の地を明け渡すように迫られている一向宗の顕如に対しても、同様なことを行っていたに違いない。

●三好勢
畿内での権勢を取り戻したい阿波国の三好家が、まずは行動を起こした。

7月21日、摂津国へ渡ってきた三好勢は、水上交通の要地である中津川(当時)河口の野田城と福島城に集結し両城に改修を加え、元管領細川晴元の子、細川昭元(信良)勢や雑賀孫市率いる雑賀衆の水軍や鉄砲放ちの援軍を受け、そこに美濃国を信長に奪われていた斎藤龍興も加わり、1万3千もの兵力に膨れ上がった。
野田、福島の両城は西が海に面し、北、南、東は川に囲まれた要害であった。

●松永久秀
これを受け信長は、三好氏出身で大和国信貴山城主の松永久秀に出陣させ、三好勢の侵攻に備えるために河内国に布陣させた。

●信長出陣
三好勢は8月17日、信長の斡旋で足利義昭の妹婿となっていた三好義継の属城、河内国古橋城を攻め落とし、気勢を上げた。

事態ただならぬと感じた織田信長は8月20日に岐阜城から出陣、各地の味方を糾合しつつ6日後の8月26日に南方1里強の天王寺に本陣を置いて布陣し、その後野田城、福島城を4万の大軍で包囲すると同時に三好方の部将への調略を始めた。

この調略は成功し、細川昭元(信良)、三好為三(政勝)、讃岐国藤尾城主、香西佳清らが信長に寝返った。

信長が9月8日、野田城、福島城の東の天満森に進出すると、形勢不利な三好勢は和議を持ちかけるが信長はこれを拒否、9月12日には両城の北、海老江へ進み攻撃を開始した。

●本願寺の鐘
信長の勝利は間違いないという状況であったが、これを打ち破ったのが本願寺の早鐘である。
ついに一向宗の大本山、石山本願寺の顕如聖人が、打倒信長を決意したのである。
石山合戦の始まり)

これを受け野田城、福島城の三好勢志気は大いに上がり、周辺に築かれた信長方の砦を水浸しにすべく堰を切り始める。

にわかに不利となったに見える信長ではあったが、和議の道は選ばなかった。
理由は定かでないが、弱みを見せることによる各地の一向勢蜂起を懸念したのではないかと思われる。

9月20日、顕如自ら率いる本願寺勢5千が、信長の本陣に襲い掛かった。
各砦に分散していた織田方の部将は、信長の危機の報に本陣への集結を開始した。

●志賀の陣
危機を迎えた信長に追い討ちをかけるように凶報が届く。
近江国浅井長政越前国朝倉義景が動き出したのである。その数3万。本願寺の挙兵に合わせての行動だった。

本願寺勢が信長の本陣を突いた同じ9月20日、朝倉、浅井連合軍は琵琶湖西岸の信長方の拠点、宇佐山城に攻めかかり、城将森可成を討って(宇佐山の戦)さらに南下、翌21日には京都に入り各地を放火しながら二条御所を目指した。

信長は柴田勝家明智光秀を京都へ向かわせるとともに退陣の準備を始め、23日に野田城、福島城の包囲を解いて京都へ戻っていった。

その後、延暦寺へ登った浅井・朝倉連合軍と信長のにらみ合いとなる。(志賀の陣
その他