和歌もたしなんだ島津家の忠臣
新納忠元にいろ ただもと
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1526年(大永6年)
生誕地 薩摩国
新納祐久
 
幼名 安万丸
新納次郎四郎、拙斎
官名 大膳正、刑部大輔、武蔵守など
近親など 子:新納忠堯など
ゆかりの地  薩摩国 大口城
略歴 ●島津家家臣
1526年 (1歳)
薩摩国守護、島津家家臣、新納祐久の子として生まれる。

1538年 (13歳)
島津貴久に拝謁し、父とともに島津家に仕える。

1562年 (37歳)
大隅国の横川城攻めで貢献。

●島津義久
1566年 (41歳)
島津義久が島津家の家督を相続。

1568年 (43歳)
薩摩国馬越城攻めで貢献。

●薩摩大口
1569年 (44歳)
薩摩国大口城城攻めで貢献。
その功により、大口の地頭に。

1572年 (47歳)
日向国木崎原の戦に従軍

1574年 (49歳)
大隅国の肝付家攻めでは、安楽家の誘降に成功。

1581年 (56歳)
肥後国水俣城攻めで貢献。

1584年 (59歳)
肥前国龍造寺隆信との沖田畷の戦で貢献。

●秀吉への抵抗
1587年 (62歳)
豊臣秀吉九州攻めに対して、徹底抗戦を主張。
戦後、剃髪して拙斎と名乗る。

1592年〜1597年 (67歳〜72歳)
二度に渡る朝鮮への侵攻(文禄の役慶長の役)では留守居役を務める。

1600年 (75歳)
関ヶ原の戦の際も国許にあって、戦後は肥後国加藤清正に対する。

1610年 (85歳)
薩摩国大口で死没。
死没 1610年(慶長15年)12月 (享年85歳)
レクイエム 数々の戦功があり猛将のイメージが強いが、古今和歌集を愛読するなど、和歌のたしなみもあった。