人質の伊達輝宗とともに射殺された
畠山義継はたけやま もりつぐ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1552年(天文21年)
生誕地  
畠山義国
 
幼名  
元服名  
七郎、二本松義継、畠山義継、
官名 左京亮、右京大夫
近親など 正室:新城直継の娘
子:畠山義綱、畠山義隆
ゆかりの地  陸奥国岩代 二本松城
略歴 ●奥州畠山家
1552年 (1歳)
奥州畠山家当主で二本松城主、畠山義国の嫡男として生まれる。

1574年頃 (23歳)
対立していた伊達輝宗に降伏。

●家督
父から家督を譲られる。

1580年 (29歳)
父、畠山義国が死没。

1582年頃 (31歳)
子の義綱が、小浜城主、大内定綱の娘と結婚。

●伊達家との対立
1585年 (34歳)
大内定綱伊達政宗から離反し、黒川城(会津若松城)主、蘆名義広と結ぶ。

伊達政宗が田村家と示し合わせ大内定綱を攻め、その際、大内家と婚姻関係のあることから二本松城も攻められる。

伊達政宗に降伏するが、所領の多くを没収される。

宮森城にいた伊達政宗の父、伊達輝宗のもとに所領の返還交渉の斡旋を依頼に赴くが、政宗が返還に応じなかったため、輝宗を拉致し城外へ連れ出す。

駆けつけた伊達政宗に対し輝宗は「自分もろとも義継を撃て」と命じたことから、射殺される。(粟之巣の変事)(異説あり)
死没 1585年11月29日(天正13年10月8日) (享年34歳)
レクイエム 変事の後怒りの納まらない政宗は、義継の遺体を斬り刻んだ上、藤の蔓で繋いで吊るした。