小田原に遅参した那須与一の末裔
那須資晴なす すけはる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1557年(弘治3年)
生誕地  
那須資胤
蘆野資豊の娘
幼名 太郎
 
官名 従五位下、大膳太夫、修理太夫
近親など 子:那須資景、正洞院(佐竹義宣の正室)など
ゆかりの地  下野国 烏山城
略歴 ●烏山
1557年 (1歳)
下野国烏山城城主で、北条氏康の家臣、那須資胤の子として生まれる。

●内乱
1560年 (4歳)
小田倉の戦での敗戦をきっかけに、父、那須資胤が、家臣の大関高増、大田原綱清らと対立。

その後、大関、大田原方に味方した常陸国佐竹義重との抗争に発展。

●家督
1568年 (12歳)
父、那須資胤が、自らの隠居を条件に大関高増、大田原綱清と和睦。
これにより、資晴が家督を相続。

1585年 (29歳)
塩谷義綱の川崎城攻めに向かう途上、薄葉原にて待ち受けていた宇都宮国綱、芳賀高武、壬生義雄らと戦い勝利。

宇都宮家の喜連川城、泉城、山田城、宇都野城、乙畑城、鷲宿城などを攻め落とす。
(薄葉原の戦)

●失脚
1590年 (34歳)
豊臣秀吉小田原城攻めに遅参したことから、本領を奪われる。
しかし、大田原晴清の陳情により、子の藤王丸(那須資景)に5千石が残される。

1600年 (44歳)
関ヶ原の戦では東軍につき、戦後、那須資景と合わせて1万石に加増される。

その後、徳川家康の御伽衆に。

1610年 (54歳)
死没。
これにより、子の那須資景は1万石以上の大名に。
(那須藩、初代藩主)
死没 1610年8月7日(慶長15年6月19日) (享年54歳)
レクイエム 源平時代、屋島の戦において、船上の扇を弓で射た逸話で知られる那須与一宗高の末裔。