家康の信頼篤い黒衣の宰相
南光坊天海なんこうぼうてんかい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1536年(天文5年)?
生誕地 陸奥国 高田
 
 
幼名  
南光坊天海
官名  
通称など 髄風、黒衣の宰相、滋眼大師(死後)など
近親など  
ゆかりの地  近江国 比叡山
 武蔵国 寛永寺
略歴 1535年 (1歳)
誕生。(出自は諸説あり不詳)

●出家
1545年 (10歳)
出家し、髄風と称す。

その後、比叡山や三井寺で修行。

1590年 (55歳)
武蔵国無量寿寺北院の、豪海に師事。

●家康への随身
小田原城攻めの際、徳川家康の陣中にあって補佐する。

1599年 (64歳)
豪海の死去により、無量寿寺北院の住職に。

1600年 (65歳)
関ヶ原の戦では、徳川家康の参謀をつとめる。

その後は、幕府内で家康のブレーンとして、また朝廷との交渉役として活躍。

1607年 (72歳)
比叡山探題となり、延暦寺を再興。

1612年 (77歳)
無量寿寺北院を再興し、喜多院として、関東における天台宗の本山に。

1613年 (78歳)
日光山貫主となり、本坊・光明院を再興。

1616年 (81歳)
徳川家康の死後、神号を権現とすべきと主張し、明神を主張する金地院崇伝と争うが勝利。

その後は、2代将軍徳川秀忠に仕える。

●寛永寺
1620年 (85歳)
江戸城の鬼門(北東)上野に寛永寺を建立。

1623年 (88歳)
3代将軍となった徳川家光に仕える。

1643年 (108歳)
死没。
死没 1643年(寛永20年)11月 享年108歳
レクイエム それにしても、驚異的な長生きであるが、出自について人には決して語らなかったという。

そのためもあり、室町幕府12代将軍足利義晴の落胤説や、明智光秀と同一人物説、さらには光秀の娘婿、明智秀満と同一人物説などもある。