わんこそばのきっかけを作った初代盛岡藩主
南部利直なんぶ としなお
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1576年4月13日(天文4年3月15日)
生誕地 陸奥国陸奥 田子城
南部信直
泉山出雲の娘
幼名 彦九郎
元服名 南部晴直
南部晴直、南部利直
官名 従四位下、信濃守
近親など 正妻:源秀院(蒲生氏郷の娘)
子:南部家直、南部政直、南部重直、南部利康、南部重信、南部利長、南部直房、七姫(最上義俊の正室)など
ゆかりの地  陸奥国陸奥 田子城
 陸奥国陸奥 三戸城
 陸奥国陸中 盛岡城
略歴 ●南部家
1576年 (1歳)
三戸城主、南部晴政の養子、南部信直の嫡男として田子城で生まれる。

1582年 (7歳)
南部晴政が病没。

その直後、晴政の後継、南部晴継が病没。(暗殺説もあり)

●南部氏相続
父、南部信直が南部(九戸)実親との抗争に勝利し、南部宗家を相続。

これにより南部(九戸)実親の実兄、九戸政実と家中において対立。

●秀吉への臣従
1586年 (11歳)
父、南部信直前田利家を通じて豊臣秀吉に接近。

1590年 (15歳)
父、南部信直豊臣秀吉の命を受け小田原城攻めに参陣。

豊臣秀吉奥州仕置では、本領(陸奥国陸奥南部、陸奥国陸中北部)を安堵される。

この頃前田利家から偏諱を受け、南部利直に改名。

1591年 (16歳)
九戸政実の乱が起こると豊臣秀吉に報告、乱は豊臣秀次の討伐軍に鎮圧される。

その後領地替えにより、九戸城を改築し居城とし福岡城と改名。

●盛岡城
1598年 (23歳)
盛岡城の築城を開始。(初代盛岡藩主)

●家督
1599年 (24歳)
父、南部信直が病没。家督を相続。

1600年 (25歳)
徳川家康が会津の上杉攻めに向かうと、最上義光とともに東軍につき、山形に出兵。

石田三成ら西軍の挙兵を受け、徳川家康の東軍が関西へ転進したことや、伊達政宗に煽動され(異説有り)和賀郡や稗貫郡で一揆が起こったことから帰国。

関ヶ原の戦で東軍が勝利。

1601年 (26歳)
和賀郡や稗貫郡の一揆を平定。(岩崎一揆)

●藩政
その後は、金山開発など藩政に注力。

1614年 (39歳)
大坂冬の陣に参陣。

1615年 (40歳)
盛岡城が完成。

1632年 (56歳)
江戸屋敷に死没。
死没 1632年10月1日(寛永9年8月18日) (享年56歳)
レクイエム 江戸へ向かう途中の花巻で名物のそばを食した際、利直はその旨さに感激し何度もお代わりをしたという。その際そばは綺麗なお椀に入れて出された。これが「わんこそば」が生まれるきっかけとなったという。