戦のたびに出世した豊臣三中老のひとり
中村一氏なかむら かずうじ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1554年?(天文23年?)
生誕地 近江国
中村一政
 
幼名  
瀧孫平次
官名 従五位下、式部少輔
近親など 弟:中村一栄
子:中村一忠など
ゆかりの地  和泉国 岸和田城
 近江国 水口岡山城
 駿河国 駿府城
略歴 ●甲賀
1554年 (1歳)
近江国甲賀五十三家のひとり、中村一政の子として生まれる。

●秀吉への随身
その後、木下(豊臣)秀吉に仕える。

1577年 (24歳)
堀尾吉晴とともに石山本願寺の一向宗徒に勝利。

1582年 (29歳)
山崎の戦で鉄砲隊を率いて活躍。

1583年 (30歳)
賤ヶ岳の戦でも貢献。

●岸和田城主
戦後は和泉国岸和田城主となり、3万石を拝領。

1585年 (32歳)
四国攻め(天正13年)でも貢献。

●水口城主
戦後、近江国水口岡山城主となり、近江国伊賀国に6万石を拝領。

羽柴(豊臣)秀次の家老に。

1590年 (37歳)
小田原城攻め羽柴(豊臣)秀次の先鋒として参陣し、貢献。

●駿府城主
戦後は、駿河国駿府城城主となり、17万石を拝領。

1591年 (38歳)
秀次事件で、元主君で関白の豊臣秀次が切腹。

1594年 (41歳)
大坂城築城に貢献。

1598年 (45歳)
三中老のひとりに。

1600年 (47歳)
関ヶ原の戦の際は徳川家康につくが、開戦前に病没。
戦には、弟の中村一栄を参戦させる。
死没 1600年8月25日(慶長5年7月17日) (享年47歳)
レクイエム 秀吉の重要な戦のたびに何らかの活躍をし、そのたびに出世していった。
生年が不詳のため、各年齢は仮のものである。