瀬戸内の海賊、村上水軍の総大将
村上武吉むらかみ たけよし
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1526年(大永6年)
生誕地 瀬戸内海 能島
村上忠義
 
幼名 次郎
元服名  
官名  
主な近親 正妻:おふう(来島通康の娘)、おうめ(おふうの妹)
子:村上元吉、村上景親
ゆかりの地  瀬戸内海 伊予国 能島城
 瀬戸内海 周防国 屋代島
略歴 ●村上水軍
1526年 (1歳)
瀬戸内海の海賊、三島村上水軍(能島、来島、因島)の惣領である能島(のしま)村上家の嫡男として生まれる。

●毛利への協力
1555年 (30歳)
安芸国毛利元就小早川隆景からの「一日だけの味方」の要請を受け、厳島の戦に水軍を率いて参戦し、活躍。

これを機に、毛利家の中国平定にも協力。

1569年 (44歳)
毛利元就死後の毛利家に反旗を翻すが、小早川隆景に攻められ降伏。

●織田水軍との戦い
1576年 (51歳)
本願寺と組んだ毛利家に従い三島村上水軍を率いて、織田信長配下の九鬼嘉隆率いる水軍300隻と木津川河口で海戦しこれに勝利。
第一次木津川の戦

1578年 (53歳)
再び木津川河口で織田信長軍と戦うが、信長が九鬼嘉隆に作らせた6隻の鉄甲船の前に大敗。(第二次木津川の戦

●秀吉への敵対
1580年頃 (55歳)
織田家の部将羽柴(豊臣)秀吉から諜略を受けるが断り、以後対立。

秀吉に下った来島村上家の来島通総とも敵対関係に。

1584年 (59歳)
主家毛利家が秀吉の臣下になるが、武吉はそれを不服として従わず。

●海賊禁止令
1587年 (62歳)
秀吉から、海賊禁止令を出されたことで、これまで家業としていた帆別銭(ほべちせん・通行料)の取立てが不可能に。

1588年 (63歳)
豊臣秀吉から追放を受け、筑前国の名島へ配流。

この後も、豊前国の蓑島、長門国の大津郡と、配流先を次々と変更される。

1600年 (75歳)
関ヶ原の戦では、毛利輝元の要請で西軍方につき、伊勢湾の東軍方を攻略するなど活躍するが、伊予国の松前城(まさき)を攻めた際、敵の夜討ちにあい、家督を継いでいた嫡男の元吉が討ち死に。

1604年 (79歳)
屋代島で死没。
死没 1604年(慶長9年) (享年79歳)
レクイエム 海賊は誰の臣下でもないという概念を貫き、信長、秀吉、家康といった天下人に従うことを良しとしなかった。

しかしながら秀吉は毛利家の中でも特に小早川隆景に一目置いていたため、関係の深い武吉を誅することができなかったといわれる。

ライフワークとして「村上舟戦要法」を残したが、これは350年も後に日本の海軍が参考書として使用した。