毛利家の代表として関ヶ原の戦に参陣した輝元の従弟
毛利秀元もうり ひでもと
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1579年(天正7年)
生誕地 備中国
穂井田元清(毛利元就四男)
妙寿院(来島通康の娘)
幼名 宮松丸
毛利秀元
通称  
官名 長門守
近親など 祖父:毛利元就
義父:毛利輝元
正室:大善院(豊臣秀長の娘)
伯父:毛利隆元吉川元春小早川隆景
ゆかりの地  備中国 猿懸城
 美濃国 関ヶ原 南宮山
 長門国 櫛崎城
略歴 ●元就の四男
1579年 (1歳)
毛利元就の四男で、備中国猿懸城主、穂井田元清の子として生まれる。

●本家の養嗣子
1585年 (7歳)
嗣子のいなかった、毛利本家の毛利輝元の養子に。

1592年 (14歳)
毛利家の正式な嗣子に。

文禄の役に義父毛利輝元が出陣。

1593年 (15歳)
朝鮮において病を患った毛利輝元に替わって朝鮮へ渡り、毛利軍の大将に。

●後継者辞退
1595年 (17歳)
毛利輝元に嫡子松寿丸(毛利秀就)が誕生。
これにより、毛利氏後継者の座を辞退。

1597年 (19歳)
慶長の役(第二次朝鮮出兵)に出兵。
危機に瀕した加藤清正軍を救うなど活躍。

●長門
1599年 (21歳)
毛利家から長門国一国を分与され、18万石の国主に。

1600年 (19歳)
関ヶ原の戦では西軍につき1万6千軍勢で南宮山に陣取るが、東軍に内通していた吉川広家軍が前面に展開していたため最後まで動けず。

戦後は、毛利家が長門国周防国2国だけを安堵されたことから、長門国長府6万石に減封。櫛崎城主に。

1614年 (33歳)〜
2度の大坂の陣(大坂冬の陣大坂夏の陣)でも、徳川方として参戦。

1633年 (52歳)
毛利本家の毛利秀就との確執から独立を図るが失敗。

1650年 (69歳)
江戸で死没。
レクイエム 関ヶ原の戦に、吉川広家安国寺恵瓊とともに毛利家代表として参陣したが、吉川広家が東軍に内通していることは知らなかった。
死没 1650年(慶安3年)閏10月 (享年69歳)