京都にあって夫、正宗を支えた田村御前
愛姫めごひめ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1568年(永禄11年)
生誕地 陸奥国磐城 三春
田村清顕
於北(相馬顕胤の娘)
幼名  
元服名  
愛姫、田村御前、陽徳院
官名  
近親など 夫:伊達政宗
子:伊達忠宗、伊達宗綱、竹松丸
娘:五郎八姫(いろはひめ・松平忠輝の正室)
ゆかりの地  陸奥国磐城 三春城
 出羽国羽前 米沢城
 陸奥国岩代 黒川城(会津若松城
 陸奥国陸前 岩出山城(岩手沢城)
GOOGLE MAP 山城国 聚楽第
 山城国 伏見城(木幡山)
 武蔵国 江戸城
 陸奥国陸前 仙台城
略歴 ●田村家
1568年 (1歳)
陸奥国磐城三春城主、田村清顕の一人娘として生まれる。

●伊達氏
1579年 (12歳)
出羽国羽前米沢城主、伊達輝宗の嫡男、伊達政宗に嫁ぐ。

1584年 (17歳)
伊達政宗、家督を相続。

1585年 (18歳)
人取橋の戦で、伊達家が佐竹、蘆名連合軍に勝利。

●誅殺事件
1586年 (19歳)
実父、田村清顕が急死。
これにより田村家では、伊達派と相馬派が対立。

伊達政宗毒殺を企てたという理由により、愛姫の乳母や侍女が全員誅殺される。

実家、田村家の跡継ぎ争いに夫、伊達政宗が介入、田村宗顕が当主に。

●奥州南部平定
1589年 (22歳)
伊達政宗摺上原の戦蘆名義広を破り、奥州南部を制圧、周辺の諸族を支配下に置き、出羽国羽前南部、陸奥国岩代陸奥国陸前南部など合計114万石の太守に。

陸奥国岩代黒川城(会津若松城)に本城を移す。

●毒殺未遂
1590年 (23歳)
伊達政宗、実母の義姫に毒殺されそうになるが回避。この事件を発端に、家督を狙っていた弟の伊達政道(小次郎)を成敗。(異説あり)

●人質
伊達輝宗小田原城攻めを行っていた豊臣秀吉に、ギリギリのところで伺候し臣下につく。

1591年 (24歳)
伊達家は、 惣無事令違反や領内での一揆(葛西大崎一揆)を煽動した疑いなどから、米沢など約150万石から陸奥国陸前玉造郡など58万石に減封に。

愛姫、人質として豊臣秀吉の住む京都聚楽第の伊達屋敷へ移る。

伊達政宗岩出山城(岩手沢城)に入る。

その後、夫の行動や考えを理解するように。

●出産
1594年 (27歳)
長女、五郎八姫を出産。

●伏見
1595年 (28歳)
秀次事件により破却されることになった聚楽第から、伏見城の伊達屋敷へ移る。

1600年 (33歳)
関ヶ原の戦

長谷堂城の戦

1601年 (34歳)
伊達政宗仙台城(青葉城)を築城し居城とし、初代仙台藩主に。(60万石)

●江戸
1603年 (36歳)
江戸城の伊達屋敷へ移る。

卯松丸を出産。

1605年 (38歳)
娘の五郎八姫が、徳川家康六男松平忠輝と結婚。

1607年 (40歳)
嫡男、虎菊丸(伊達忠宗)、徳川家康の娘、市姫と婚約。

1609年 (42歳)
竹松丸を出産。(やがて夭折)

1613年 (46歳)
大久保長安事件。

1614年 (47歳)
大坂冬の陣

1615年 (48歳)
大坂夏の陣

1616年 (49歳)
松平忠輝が改易となり、五郎八姫が仙台に戻る。

●夫の死
1636年 (69歳)
伊達政宗が死没。

仙台に移り落飾、陽徳院と名乗る。

1653年 (86歳)
死没。
死没 1653年2月21日(承応2年1月24日) (享年86歳)
レクイエム 若くして伊達家に嫁いだ当時は、政略結婚だったことや、実家の田村家における相馬と伊達派の確執などにより、夫、正宗との仲も良くなかったが、秀吉の人質として聚楽第の伊達屋敷に移ってからは夫を良く理解、京都における伊達家の外交官のような活躍をするようになり、夫との不仲も解消され、4人の子供を出産することになった。