悪名高い弾正久秀の嫡男
松永久通まつなが ひさみち
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1543年2月11日(天文12年1月8日)
生誕地  
松永久秀
 
幼名 彦六、金吾
元服名  
通称 松永金吾
官名 従五位下、右衛門佐
近親など 正妻:おなへ(十市遠藤の娘)
子:松永彦兵衛など
ゆかりの地  大和国 多聞山城
 大和国 信貴山城
 大和国 竜王山城
略歴 ●三好家祐筆の子
1543年 (1歳)
阿波国三好長慶の祐筆、松永久秀の嫡男として生まれる。

●摂津
1553年 (11歳)
父、松永久秀が、三好家の畿内平定とともに、摂津国の半国を支配下に。

その後、父とともに三好家に仕える。

●大和
1559年 (17歳)
父、松永久秀三好長慶から大和国平定を命ぜられ、大和国信貴山城に移る。

1560年 (18歳)
父、松永久秀大和国を支配。

1562年 (20歳)
父から家督を譲られ、多聞山城主に。

1563年 (21歳)
従五位下、右衛門佐に叙任される。

●主殺し(?)
1564年 (22歳)
主君、三好長慶が精神に異常を来たし死去。
(父、松永久秀が謀殺したという説あり)

これにより、父、松永久秀や三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)が三好家の実権を握る。

●将軍殺害
1565年 (23歳)
足利義栄を傀儡将軍にして幕府の実権を握るべく、三人衆とともに、二条御所(旧二条城)の足利義輝(13代将軍)を急襲し殺害。(永禄の変

しかしこのあと三好三人衆との権力争いが勃発。

1566年 (24歳)
上芝の戦で三好義継と三好三人衆に敗北。

畿内は三好三人衆が平定。

父とともに和泉国堺に逃れ、懇意だった堺の会合衆の斡旋を要請し、三好義継との和睦に成功、大和国に残る。

●大仏殿焼却
1567年 (25歳)
東大寺の戦で三好三人衆に勝利。
この際、大仏殿が炎上。

1568年 (26歳)
父、松永久秀足利義栄を14代将軍につかせる。

●信長への臣従
上洛してきた織田信長が畿内の三好勢を四国へ逃亡させる。
(信長の上洛戦)
父、松永久秀とともに信長に降り、大和国河内国半国を安堵される。

●反旗と降伏
1571年 (29歳)
甲斐国武田信玄と連絡をとり、父、松永久秀とともに織田信長に反旗を翻す。

1573年 (31歳)
上洛戦途上の武田信玄の死により、織田信長に降伏。

1575年 (33歳)
織田信長大和国の支配権を剥奪され、竜王寺山城に移り、佐久間信盛の配下に入れられる。

十市遠藤の娘と結婚。

原田直政の命により、妻の叔父である十市遠長の十市城を攻め落とす。

本願寺攻め(石山合戦)に参陣。

●再度の反旗
1577年 (35歳)
再び織田信長に反抗したことから、人質の庶子2名を信長に処刑される。

その後、織田信忠勢に信貴山城を囲まれ、父、松永久秀とともに自害。(信貴山城の戦
死没 1577年11月19日(天正5年10月10日) (享年35歳)
レクイエム