籠城策を主張した北条家の筆頭家老
松田憲秀まつだ のりひで
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1530年?(享禄3年)
生誕地  
松田盛秀
北条為昌の娘
幼名  
 
官名  
近親など 子:笠原政尭、松田秀治など
ゆかりの地  相模国 小田原城
略歴 ●松田家
1530年 (1歳)
北条家家老、松田盛秀の子として生まれる。

●筆頭家老
その後、北条氏康に家老として仕える。

1559年 (30歳)
北条氏政が北条家の家督を継ぐ。

1564年 (35歳)
第二次国府台合戦に参陣。

1571年 (42歳)
主君、北条氏康死去。その子の北条氏政が北条家の家督を継ぐ。

北条家は上杉謙信との同盟を破棄し、武田信玄と結ぶ。

1573年 (44歳)
武田信玄死去。

1578年 (49歳)
上杉謙信死去。

御館の乱後、北条家は武田家との同盟を破棄。

1580年 (51歳)
主君北条氏政が、子の北条氏直に家督を譲る。

1582年 (53歳)
本能寺の変後、北条家は徳川家康と対立。その後和睦。

天正壬午の乱の結果、甲斐国信濃国は徳川領、上野国は北条領に。

これにより、北条家は、相模国伊豆国武蔵国下野国上野国下総国、合計240万石の領主に。

●籠城策と内応の疑い
1590年 (61歳)
豊臣秀吉小田原城攻めでは、籠城策を主張し受け入れられる。

秀吉方への内応を図るが露見。
相模国伊豆国の安堵を条件に降伏しようとしたとの説もあり)

北条家滅亡後、主家を裏切ろうとした罪を豊臣秀吉に咎められ切腹。
レクイエム 松田家は、北条臣中最高の2798貫(石高換算5000〜10000石)を拝領していた。
死没 1590年(慶長14年)6月 (享年61歳)