将軍の偏諱を受けた石見の国人
益田藤兼ますだ ふじかね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1529年(享禄2年)
生誕地 石見国
益田尹兼
 
幼名 次郎
益田藤兼、全鼎(ぜんてい)
官名 従五位上、右衛門佐、越中守、治部大輔、従四位、侍従
近親など 正妻:杉興重の娘
子:益田元祥など
ゆかりの地  石見国 益田城(七尾城)
略歴 ●益田家
1529年 (1歳)
石見国益田の国人領主で、周防国の大内家に従う益田藤兼の子として生まれる。

1539年 (11歳)
将軍、足利義藤から偏諱を受け、益田藤兼と名乗る。

1542年 (14歳)
父、益田尹兼が、大内氏重臣で周防国若山城主の陶晴賢と兄弟契約を締結。

1543年 (15歳)
大内義隆月山富田城攻めに従軍(初陣)するが敗北。(月山富田城の戦(第一次)

これにより、石見国の国人領主の多くが尼子氏に寝返るが、益田氏は大内氏傘下に留まる。

●家督相続
1544年 (16歳)
祖父、益田宗兼の死後、家督を継ぐ。
(父、益田尹兼は家督を継がず)

●謀反
1551年 (23歳)
陶晴賢の謀反に協力、主君大内義隆を深川大寧寺に追い詰め自害させる。(大寧寺の変)

その後、陶晴賢が大内家当主に擁立した大内義長に重用される。

1552年 (24歳)
大内義長の命を受け、石見国津和野、三本松城(津和野城)の吉見正頼を攻め始める。
(津和野三本松城の戦)

1554年 (26歳)
大内義長吉見正頼と和睦。

大内家と尼子家の和睦を調停。
(津和野三本松城の戦の終結)

●毛利家への臣従
1555年 (27歳)
安芸国毛利元就、謀略により陶晴賢を自害に追い込む。(厳島の戦

1557年 (29歳)
毛利元就らに攻められ降伏。
元就は藤兼を処刑させようとするが、二男、吉川元春の嘆願により助命となる。

1558年 (30歳)
毛利元就大内義長を自害に追い込み、旧大内領をほぼ掌握。

1561年 (33歳)
石見国の福屋隆兼が領土の不満から反乱を起こすと、鎮定戦に参陣。

毛利隆元に従軍し、北九州で大友宗麟と戦う。

1562年 (34歳)
毛利家に敵対した、石見国三隅城主、三隅隆繁の板井川要害を攻め落とす。

1563年 (35歳)
毛利元就の出雲攻めに従軍。

元就の嫡男、毛利隆元が急死。

毛利元就月山富田城の支城、白鹿城を攻略。

1565年 (37歳)
月山富田城下の広瀬川の河原で家臣の品川大膳が、尼子氏重臣、山中鹿之介と一騎打ちを行うが討ち死に。

1566年 (38歳)
毛利元就月山富田城を攻略、尼子家を滅亡させる。
第二次月山富田城の戦

1569年 (41歳)
吉川元春に従軍し、豊前国三岳城を攻める。(三岳城の戦)

●隠居
1570年 (42歳)
隠居し、実権を子の益田元祥に譲る。

石見国三隅城(高城)を攻め、三隅隆繁を自害に追い込む。

1578年頃 (50歳)
織田信長の部将羽柴(豊臣)秀吉の中国攻略が始まる。

1582年 (54歳)
本能寺の変

家督を子の益田元祥に譲り、全鼎と名乗る。

1584年 (56歳)
居城を城下の三宅御土居に移す。

1586年 (58歳)
吉川元春九州攻めに参陣中、豊前国小倉城で病死。

1596年 (68歳)
子の益田元祥が、豊臣秀吉から豊臣姓を拝領。

1597年 (68歳)
死没。
レクイエム  
死没 1597年1月18日(慶長元年12月1日) (享年68歳)