籠城して西軍を引き付けた近江源氏
京極高次きょうごく たかつぐ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1563年(永禄6年)
生誕地 近江国小谷城
京極高吉
京極マリア(浅井久政の娘)
幼名 小法師
 
官名 若狭守・侍従・参議など
通称 小兵衛、大津宰相など
近親など 正妻:常高院(初)淀殿妹、於江与姉)
弟:京極高知など
姉:京極竜子(松の丸殿=豊臣秀吉側室)など
子:京極忠高(側室の子)など
養子:初姫(興安院=徳川秀忠於江与の方の四女)など
ゆかりの地  近江国 小谷城
 近江国 大溝城
 近江国 八幡山城
 近江国 大津城
 若狭国 後瀬山城
 若狭国 小浜城
略歴 ●小谷城
1563年 (1歳)
北近江の守護家、京極家の嫡男として、浅井家の居城小谷城の京極丸で生まれる。
(下剋上により、浅井家の庇護を受けていた)。

●信長の人質
1568年 (6歳)
父、京極高吉が、上洛する織田信長に臣従し隠居したことから、家督を継ぐと同時に信長の人質となる。

1573年 (11歳)
浅井長政自害により、浅井家が滅亡。(小谷城の戦
これにより、近江国高島郡に5千石を拝領。

1581年 (19歳)
伊賀攻めでは、織田信雄配下で従軍。(第二次天正伊賀の乱

●勝家への随身
1582年 (20歳)
本能寺の変後、明智光秀に与し羽柴(豊臣)秀吉の長浜城を攻めるが、山崎の戦明智光秀が敗れたため越前国柴田勝家の元に逃れる。

1583年 (21歳)
賤ヶ岳の戦でも柴田勝家方につくが敗戦。

●秀吉への随身
戦後は、姉、竜子が羽柴(豊臣)秀吉の側室になったことから許され、秀吉に仕える。

1587年 (25歳)
豊臣秀吉九州攻めに参陣。
その功により、近江国高島郡大溝を加増され大溝城主に。(1万石)。

浅井長政の次女、初(常高院)と結婚。

●近江
1590年 (28歳)
近江国八幡2万8千石を拝領し、八幡山城主に。

1595年 (33歳)
近江国大津6万石に移封され、大津城主に。

1598年 (36歳)
豊臣秀吉が没すると、徳川家康に接近。

1600年 (38歳)
関ヶ原の戦でも徳川家康に与し、西軍相手に大津城に籠るが、戦の前日開城し高野山に逃れる。

●小浜城主
西軍をひき付けた功績から、戦後若狭国一国8万5千石を拝領し後瀬山城主に。

小浜城を築城し城主に。

1609年 (47歳)
死没。
レクイエム 本能寺の変賤ヶ岳の戦ともに敗北側についたわけで、それにも関わらず大名として存続できた、かなりの幸運の持ち主である。
死没 1609年6月4日(慶長14年5月3日) (享年47歳)