西軍調略に奔走した如水の嫡子
黒田長政くろだ ながまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1568年12月21日(永禄11年12月3日)
生誕地 <・href="harima.html" target="_blank">播磨国
黒田官兵衛
櫛橋伊定の娘
幼名 松寿丸
吉兵衛、黒田長政
官名 従四位下、甲斐守、筑前守、贈正三位
近親など 正室:糸姫(蜂須賀正勝の娘)、栄姫(徳川家康の養女)
子:黒田忠之、黒田長興など
ゆかりの地  播磨国 姫路城
 豊前国 中津城
 筑前国 福岡城
略歴 ●姫路
1568年 (1歳)
播磨国姫路城主、黒田官兵衛の子として生まれる。

●秀吉の人質
1577年 (9歳)
織田信長の部将だった木下(豊臣)秀吉の人質として、近江国長浜城に入る。

1578年 (10歳)
信長の部将荒木村重が謀反し、それに父の官兵衛も加担したという疑いをかけられ、信長から処刑命令が下されるが、秀吉の軍師竹中半兵衛の機転により助命され、美濃国菩提山城に隠遁。

1582年 (14歳)
秀吉の毛利方の備中高松城の水攻めに参加。

1583年 (15歳)
賤ヶ岳の戦で功をあげ、河内国に450石を拝領。

●豊前
1587年 (19歳)
黒田官兵衛豊前国京都郡、築城郡、上毛郡、下毛郡、宇佐郡などに12万石を拝領。

1587年 (20歳)
黒田官兵衛中津城を築城し居城に。

城井谷城主、城井鎮房が反乱を起こす。

1588年 (21歳)
城井鎮房と和睦後、中津城にて誅殺し、城井一族を殲滅。

●家督相続
1589年 (21歳)
黒田官兵衛が隠居したことから、家督を相続。

1592年 (24歳)
文禄の役で朝鮮へ渡海。

●三成との対立
1597年 (29歳)
慶長の役でも朝鮮へ渡海。
ここで、福島正則らと同様に石田三成ら官吏と対立。

1600年 (32歳)
糸姫(蜂須賀正勝の娘)と離婚し、栄姫(保科正直の娘・徳川家康の養女)と再婚。

徳川家康の、会津上杉景勝征伐に従軍。

石田三成挙兵に対して、東軍(家康方)につく。

また、関ヶ原の戦では戦働きでの功だけでなく、直前に小早川秀秋吉川広家ら西軍主力の毛利勢の調略などにも成功。

●筑前国福岡
戦後はその功により、筑前国に52万3千石を拝領。

1601年 (33歳)
手狭な名島城に代わる居城とすべく、福岡城を築城。

●大坂の陣
1614年 (46歳)
大坂冬の陣では、大坂城に留守居として残る。

1615年 (47歳)
大坂夏の陣では、徳川秀忠に従い参陣。

1623年 (55歳)
病死。
死没 1623年8月29日(元和9年8月47日) (享年55歳)
レクイエム 幼い頃から競争意識を植え付けられて育てられたため、長浜城での人質生活でもへこたれることなく市松(福島正則)や虎之助(加藤清正)らとも堂々渡りあっていた。