秀吉にその軍才を警戒されたほどの名軍師
黒田官兵衛くろだ かんべえ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1546年11月29日(天文15年12月22日)
生誕地 播磨国 姫路
黒田職隆
小寺政職の養女
幼名 万吉
黒田官兵衛孝高、小寺孝高、如水軒、如水円清、ドンシメオン(洗礼名)など
官名 従五位下、勘解由次官
近親など 正妻:光(櫛橋伊定の娘)
子:黒田長政など
ゆかりの地  播磨国 姫路城
 摂津国 有岡城
 播磨国 国府山城
 播磨国 篠の丸城
 豊前国 馬ヶ岳城
 豊前国 中津城
 筑前国 福岡城
略歴 ●播磨
1546年 (1歳)
赤松家の重臣で播磨国御着城小寺政職の家臣、姫路城代の黒田職隆の子として生まれる。

●小寺家の家老
1561年 (16歳)
小寺政職の家臣となる。

若いながらも先見の明があることを見込まれ、要職をまかせられるように。

●家督相続
1567年 (22歳)
櫛橋伊定の娘、光と結婚。

家督を相続し、播磨国姫路城主に。

1568年 (23歳)
嫡男、松寿丸(黒田長政)が誕生。

1569年 (24歳)
龍野城主、赤松政秀に攻められるが勝利。(青山の戦)

再び赤松政秀に攻められるが勝利。(土器山の戦)

●秀吉の軍師
1573年 (28歳)
羽柴(豊臣)秀吉の中国進出に際し、主家の小寺家に秀吉への追従を提案し採用されたことをきっかけに、秀吉の軍師として重用される。

1576年 (31歳)
英賀の浦に上陸した毛利勢5千に対し、500の寡兵ながら勝利。(英賀の戦)

1577年 (32歳)
播磨国の国人の多くを説き、織田方につける。

赤松政範の籠る上月城攻めでは、先鋒として活躍し勝利。

1578年 (33歳)
播磨国東部の有力者で三木城主の別所長治が、毛利家に寝返る。

主君織田信長への謀反の噂のある荒木村重の説得に単身乗り込むが捕縛され、摂津国有岡城の土牢で1年ほど過ごす。

1579年 (34歳)
有岡城が織田勢により落城、土牢から救出されるが足に障害を持つ。

1580年 (35歳)
秀吉とともに毛利方の三木城兵糧攻めに成功。

羽柴(豊臣)秀吉姫路城を譲り渡し、国府山城に移る。

1582年 (37歳)
秀吉に毛利方の備中高松城の水攻めを提案。
対峙中に本能寺の変を知り、秀吉に主君織田信長の仇明智光秀討ちを薦める。

中国大返し

山崎の戦

1583年 (38歳)
キリスト教徒に。(洗礼名、ドンシメオン)

1584年 (39歳)
播磨国篠の丸城主に。(5万石)

1586年 (41歳)
九州攻めの先駆け、毛利勢の軍監をつとめる。

●豊前
1587年 (42歳)
豊前国京都郡、築城郡、上毛郡、下毛郡、宇佐郡など12万石に転封。馬ヶ岳城主に。

1588年 (43歳)
中津城を築城し居城に。

1589年 (44歳)
反乱を起こした城井鎮房と和睦。

息子の黒田長政城井鎮房を中津城で誅殺。

肥後国の一揆平定戦に同道していた鎮房の子、城井朝房を暗殺。

●隠居
家督を子の黒田長政にゆずって隠居し、如水軒を名乗る。

1590年 (45歳)
小田原城攻めでは、北条家との交渉役となり開城に導く。

●幻の天下
1600年 (55歳)
関ヶ原の戦が起こると九州で兵を集め、九州の統一からさらには天下取りへ向けた軍事行動を始めるが、予想外に早い決着により断念。

子の黒田長政筑前国52万石を拝領したことから、筑前国に移る。

1601年 (56歳)
子の黒田長政福岡城を築城し居城に。

1602年頃 (57歳)
再建した大宰府天満宮に草庵を結び、そこに住む。

1604年頃 (59歳)
病を得、療養のために京都の伏見屋敷に移り住む。

死没。
レクイエム 軍才がありすぎたため逆に秀吉に警戒され、太封を与えられなかった。
1589年に長政に家督をゆずったのも、野心ありという秀吉の疑心を晴らすためであったと言われる。
死没 1604年4月19日(慶長9年3月20日) (享年59歳)