弾正と呼ばれた信玄、勝頼、二代の重臣
高坂昌信こうさか まさのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1527年(大永7年)
生誕地  
春日大隅
 
幼名 源五郎
春日源助、春日虎綱、香坂虎綱、高坂昌信など
通称 春日弾正、高坂弾正、逃げ弾正
官名 弾正忠
近親など 子:高坂昌澄、春日信達(高坂昌元)など
ゆかりの地  信濃国 海津城(松代城)
略歴 ●信玄の近習
1527年 (1歳)
甲斐国石和の豪族、春日大隅の子として生まれる。

その後、若くして武田晴信(信玄)の近習として仕える。

1551年 (25歳)
侍大将に。

1552年 (26歳)
春日弾正忠を名乗る。

●海津城代
1560年 (34歳)
海津城代に。

1561年 (35歳)
第四次川中島の戦では、妻女山攻撃の別働隊のひとりに。

その後、信濃国の名族、香坂家(高坂)を継承し海津城(松代城)主に。

1572年 (41歳)
信玄の上洛戦三方ヶ原の戦にも参陣。

●信玄の死
1573年 (42歳)
信玄病死。
その後も、武田勝頼に仕える。

1575年 (44歳)
長篠の戦には参陣せず、海津城(松代城)を守備していたことから戦死を免れるが、嫡子、高坂昌澄が戦死。

1578年 (47歳)
越後国上杉景勝との同盟(甲越同盟)の交渉役を務める。

病没。
死没 1578年6月12日(天正6年5月7日) (享年47歳)
レクイエム 冷静な人物との評判が高いが、長篠の戦の直前に勝手に戦場を離脱した穴山梅雪と武田信豊への切腹を、武田勝頼に勧めたというエピソードが残っている。

甲陽軍鑑の作者としても知られるが、実際に執筆したかどうかは怪しいとされる。