謙信や信長に接近した摂関家公卿
近衛前久このえ さきひさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1536年(天文5年)
生誕地 京都
近衛稙家(関白・太政大臣)
久我通言の養女
近衛晴嗣、近衛前嗣、近衛前久、龍山など
官名 従一位太政大臣など
近親など 子:近衛信尹(信基)、足利義輝の正室、など
ゆかりの地  下総国 古河城
 越後国 春日山城
 丹後国 黒井城
 山城国 慈照寺(銀閣寺)
略歴 ●関白家
1536年 (1歳)
関白、近衛稙家の子として生まれる。

1540年 (5歳)
元服し、近衛晴嗣と名乗る。(室町将軍足利義晴から晴の字を拝領)

1541年 (6歳)
従三位に叙せられ公卿に。

1547年 (12歳)
内大臣に。

1553年 (18歳)
右大臣に。

●関白
1554年 (19歳)
関白、左大臣に。

1555年 (20歳)
従一位に叙せられる。

近衛前嗣と改名。

●上杉謙信
1559年 (24歳)
上洛した越後国上杉謙信と懇意に。

1560年 (25歳)
越後国へ下向。

1561年 (26歳)
上杉謙信とともに関東に出陣。
その際、下総国古河城で近衛前久と改名。

●帰洛
1562年 (27歳)
京都へ戻る。

1565年 (30歳)
永禄の変(将軍足利義輝を暗殺)を起こした松永久秀と三好三人衆を許し、足利義栄の将軍就任にも関与。

●失脚
織田信長足利義昭を奉じて上洛すると、永禄の変への関与を疑われたため、丹後国黒井城の赤井直正の元へ逃れる。

その後、摂津国石山本願寺(後の大坂城)の顕如の元へ移る。

失脚(関白職を解かれる)。

1573年 (38歳)
将軍足利義昭織田信長に追放されると、再度丹後国黒井城の赤井直正の元へ。

●帰洛と織田信長
1575年 (40歳)
織田信長に許され、京都へ戻る。

織田信長の命を受け九州へ下向、豪族間の調停に成功。

1578年 (43歳)
准三宮の称号を受ける。

1580年 (45歳)
織田信長と本願寺の調停に貢献。

1582年 (47歳)
織田信長の武田征伐(天目山の戦)に同行。

本能寺の変後、変に関与した疑いをかけられ、遠江国浜松城徳川家康の元へ逃れる。

1584年 (49歳)
龍山と名乗り、京都慈照寺の東求堂に隠棲。

羽柴(豊臣)秀吉を猶子に。

1612年 (77歳)
死没。
死没 1612年(慶長17年)5月 (享年77歳)
レクイエム 公卿にして武家のように鷹狩を趣味とするなどの人物で、上杉謙信織田信長といった武家との接近がそれを物語っている。

禁裏の必要性を認めようとしなくなってきた織田信長に脅威を抱き、本能寺の変を陰で操った黒幕、という説もある。