薬商人から出世したキリシタン大名
小西行長こにし ゆきなが
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1555年(弘治元年)(?)
生誕地 和泉国 堺
小西隆佐(養父とも言われる:薬商人)・
小西マグネリア(高台院(ねね)の祐筆)
幼名 弥九郎
小西弥九郎、魚屋弥九郎、小西行長、アグスチノ(洗礼名)
官名 内匠頭、摂津守
近親など 弟:小西行景など
子:マリア(宗義智正妻)など
関連人物 主君:宇喜多直家豊臣秀吉
後見:宇喜多秀家
娘婿:宗義智
ゆかりの地  備前国 小豆島
 肥後国 宇土城
略歴 ●薬商人
1555年 (1歳)
堺の薬商人、小西隆佐の子として生まれる。

●魚屋の養子
1572年 (18歳)
備前国岡山の商人、魚屋(ととや)九郎衛門の養子に。

●宇喜多家の家臣
宇喜多家に出入りするようになり、宇喜多直家の信頼を得、御船組員に。

その後宇喜多直家の織田家との交渉役に。

1579年 (25歳)
宇喜多直家織田信長へ臣従。
織田家に人質として出された宇喜多直家の嫡男、八郎(宇喜多秀家)に付き添う。

●秀吉に随身
1580年 (26歳)
織田家の中国攻め総大将、羽柴(豊臣)秀吉に請われ、羽柴家の水軍の将として仕える。

●キリシタン大名
1583年 (29歳)
キリシタンとなり、アグスチノの洗礼名を受ける。

1584年 (30歳)
小豆島(当時は備前国)など1万石を与えられ、キリシタン大名に。

1585年 (31歳)
父、小西隆佐が堺奉行に。

1587年 (33歳)
秀吉の九州征伐では、兵糧方として貢献。

●肥後
1588年 (34歳)
肥後国の国人一揆征伐に貢献。
これにより、肥後国の南半国24万石を与えられ、宇土城を築城し本拠に。

●朝鮮への先鋒
1592年 (38歳)
文禄の役(朝鮮出兵)では、対馬国宗義智が娘婿だったこともあり先鋒部隊として渡海、漢城攻めなどで活躍。

1594年 (40歳)
この頃、行長は和平派だったことから、武断派の加藤清正福島正則と、朝鮮において対立するように。

●和平工作の露見
1596年 (42歳)
戦線の膠着状態を脱するために、明との和平交渉役を命じられるが、和平をいち早く成立させるために、明に対しては秀吉が降伏したと偽り、また秀吉に対しては明が降伏したと偽わったことが秀吉に発覚、切腹を命じられるも、何とか許される。

1597年 (43歳)
慶長の役(第二次朝鮮出兵)でも、加藤清正とともに先鋒を命じられる。

1598年 (44歳)
秀吉の死没により朝鮮侵略は中止となり、島津義弘とともに殿軍(しんがり)を務めて帰国。

●関ヶ原
1600年 (46歳)
関ヶ原の戦では石田三成に呼応し西軍につくが、敗戦。
逃れるが伊吹山中で捕らえられて、三成、安国寺恵瓊とともに六条河原で斬首。
死没 1600年11月6日(慶長5年10月14日) (享年46歳)
レクイエム 父の小西隆佐は、羽柴(豊臣)秀吉のお抱え商人であり、子の行長を備前国の商人の養子に送りこんだのは、その頃中国進出を控えていた羽柴(豊臣)秀吉と、備前国の大名宇喜多直家の周旋役を務めさせるためだった。

朝鮮出兵の際、虚偽による和平交渉が秀吉に発覚した前後の行長の気持ちは、計り知れない。
秀吉の無謀な朝鮮出兵の、犠牲者のひとりといえる。