甲州法度を草案した信玄のブレーン
駒井高白斎こまい こうはくさい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年
生誕地 甲斐国巨摩郡
駒井政時
 
幼名  
駒井昌頼、駒井政武、高白斎など
官名  
近親など 兄:駒井信為
子:駒井政直など
ゆかりの地  甲斐国 躑躅ヶ崎館
略歴 ????年 (1歳)
甲斐国巨摩郡の武士、駒井政時の二男として生まれる。

●観天望気
????年 (??歳)
その後、京都妙国寺にて修行。その際、観天望気(天気予報術)を学ぶ。

1508年頃 (??歳)
●信虎への随身
その後、甲斐国守護、武田信虎の家臣に。

????年 (??歳)
●信玄の側近
その後、武田家嫡男、武田晴信(信玄)の側近に。

1541年 (??歳)
武田信虎駿河国へ追放されると、出家して高白斎と名乗る。

●諏訪攻め
1542年 (??歳)
諏訪攻めの際、高遠頼継攻めの先鋒を務める。

上伊那の藤沢頼親を攻め、福与城を攻略。

●名ブレーン
その後も、信玄の側近として、他家や調停との外交や内政で貢献。

●甲州法度
1547年 (??歳)
分国法である、甲州法度を草案。

1554年 (??歳)
甲相駿三国同盟の結成に関与。

1560年頃 (??歳)
死没。
死没 1560年頃 (享年??歳)
レクイエム 1498年から1553年までの武田家の事跡を書き連ねた、甲陽日記(高白斎記)の作者と言われている。