御館の乱で景虎に味方した
北条高広きたじょう たかひろ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1517年(?)(永正14年)
生誕地 越後国
北条(安田)広春(義父説あり)
 
幼名  
弥五郎、安芸入道芳林(入道名)
官名 丹後守、安芸守など
近親など 子:北条景広、北条勝広、北条高広(同名)など
ゆかりの地  越後国 北条城
 上野国 厩橋城(前橋城)
 上野国 大胡城
略歴 ●北条家
1517年 (1歳)
大江広元の末裔で越後国の越後毛利一族、北条(安田)広春の子として生まれる。

●家督
1530年頃 (14歳)
父、北条(安田)広春が死没し、北条家の家督を相続。

●長尾家
父同様に、越後国守護代、長尾為景に従う。

1542年 (26歳)
主君、長尾為景が死没。跡を継いでいた長尾晴景に仕える。

1548年 (32歳)
長尾晴景から家督を譲られた長尾景虎(上杉謙信)に従う。

●武田家
1553年 (37歳)
主君、長尾景虎(上杉謙信)が、甲斐国武田晴信(信玄)と対立。

1554年 (38歳)
武田晴信(信玄)に寝返り、北条城で長尾家に反旗。

●再び長尾家
1555年 (39歳)
長尾勢に北条城を攻められ降伏、再び長尾家に従う。

1563年 (47歳)
上野国厩橋城(前橋城)代となり、関東経営を任される。

●後北条家
1567年 (51歳)
関東の北条氏康に寝返る。

●三たび長尾家
1569年 (53歳)
相越同盟が結ばれたため、三たび上杉輝虎(謙信)に従う。

1574年 (58歳)
隠居し、嫡男の北条景広に家督を譲り、大胡城に移る。

1578年 (62歳)
上杉謙信死没。

●再び武田家
御館の乱では上杉景虎に味方するが武田勝頼厩橋城(前橋城)を攻め落とされ降伏、武田勝頼に従う。
本拠の北条城は上杉景勝方に落とされ、子で当主の北条景広は討ち死に。

その後、武田勝頼の取り成しで上杉景勝に仕えるが、旧領の回復は果たせず。

●織田家
1582年(?) (66歳)
武田家を滅ぼして(天目山の戦)関東に進出してきた織田家の部将、滝川一益に仕える。

●再び後北条家
本能寺の変織田信長が討たれた後、上野国を取り戻した北条氏直に仕える。
(その際、同じ北条では紛らわしいので、毛利に改姓したとの説あり)

????年 (??歳)
死没。
死没 ????年??月 (享年??歳)
レクイエム 器量、骨幹、人に倍して無双の勇士と謳われた勇将だったが、軽率な面が多かった言われる。
後背常ならぬ戦国時代ではあるが、それにしてもこれだけ主家を変えた人物は珍しい。