奥州仕置後、大崎・葛西30万石を領した
木村吉清きむら よしきよ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地  
 
 
幼名  
木村光清、木村吉清
官名 伊勢守
通称  
近親など 子:木村清久など
ゆかりの地  陸奥国陸前 寺地城
 陸奥国陸前 佐沼城
 陸奥国岩代 大森城
 陸奥国岩代 福島城
略歴 生年や出自は不詳。

●荒木村重
????年 (??歳)
荒木村重に仕える。

●明智光秀
????年 (??歳)
明智光秀に仕える。

その後、名を光清とする。(推定)

その後、光秀の居城のひとつ、亀山城の城代に。

1582年 (??歳)
本能寺の変。(主君の明智光秀織田信長に謀反)

山崎の戦で、羽柴(豊臣)秀吉に敗北。

明智光秀が戦死。

●羽柴秀吉
その後、亀山城羽柴(豊臣)秀吉に明け渡し降伏。
その際の手際よさを認められ、羽柴(豊臣)秀吉に仕える。(5千石)
(当初から秀吉に内応していたという説もあり)

その後、名を吉清とする。(推定)

その後、京都町奉行に。

その後、子の木村清久が秀吉の側近に。

1584年 (??歳)
小牧・長久手の戦に従軍。

1590年 (??歳)
小田原城攻めに従軍。

●奥州
奥州仕置では名淵での戦闘などで戦功をたてる。

戦後、改易された大崎家、葛西家の領地を子の木村吉清とともに拝領し大名となり、寺地城主に。(30万石)

その後、検地や刀狩を行ったことから一揆が勃発。(大崎葛西一揆)
伊達政宗が煽動したという説あり)

寺地城を追われ佐沼城に篭り、伊達政宗蒲生氏郷の援軍を得て一揆を平定。

領地を没収され、蒲生氏郷の客将に。

●福島
1592年 (??歳)
蒲生氏郷から信夫郡を与えられ、杉目城主に。(5万石)

その後、福島城と改称。

1595年 (??歳)
蒲生氏郷死没。

1598年 (??歳)
蒲生家が宇都宮へ転封となったことを受け、豊後国に1万4千石を拝領し再び大名に。

死没。
レクイエム 奥州仕置後、それまでに5千石から一気に30万石の領主となったが、
死没 1598年3月17日(文禄4年2月7日) (享年40歳)